ルーベン・ショー博士

東京大学大学院海洋学研究室教授

分子細胞生物学研究室

ウィリアム・R・ブロディチェア

ソーク生物学研究所 - 出版物

すべての出版物


Kuhlmann-Hogan, A.、Cordes, T.、Xu, Z.、Kuna, R.S.、Traina, K.A.、Robles-Oreiza, C.、Ayeni, D.、Kwong, E.M.、Levy, S.、Globig, A.M.、 Nobari、M.M.、Cheng、G.Z.、Leibel、S.L.、Homer、R.J.、 ショー、RJ、メタロ、C.M.、ポリティ、K.、ケック、S.M. EGFR 駆動型肺腺癌は、肺胞マクロファージの代謝と機能を利用して、EGFR シグナル伝達と増殖をサポートします。 (2024) がんの発見。:OF1-OF22 DOI: 10.1158/2159-8290.CD-23-0434

+ 要約を展開


Zhang, T.、Xu, D.、Trefts, E.、Lv, M.、犬塚, H.、Song, G.、Liu, M.、Lu, J.、Liu, J.、Chu, C.、 Wang, M.、Wang, H.、Meng, H.、Liu, H.、Zhuang, Y.、Xie, X.、Dang, F.、Guan, D.、Men, Y.、Jiang, S.、 Jiang, C.、Dai, X.、Liu, J.、Wang, Z.、Yan, P.、Wang, J.、Tu, Z.、Babuta, M.、Erickson, E.、Hillis, AL、Dibble 、CC、アサラ、JM、サボ、G.、シシンスキー、P.、ミャオ、J.、リー、YR、パン、L.、 ショー、RJ、ユアン、J.、ウェイ、W. AMPKを介したRIPK1のリン酸化による細胞死の代謝調整。 (2023) 科学。 380(6652):1372-1380。 DOI: 10.1126/science.abn1725

+ 要約を展開


クナ、RS、クマール、A.、ウェッセンドルフ・ロドリゲス、KA、ガルベス、H.、グリーン、CR、マクレガー、GH、コルデス、T.、 ショー、RJ、スヴェンソン、RU、メタロ、CM 細胞小器官間のクロストークは、代謝ストレス下でのアセチルコエンザイム A の恒常性と脂質生成をサポートします。 (2023) 科学の進歩 9(18):eadf0138。 DOI: 10.1126/sciadv.adf0138

+ 要約を展開


マリク、N.、フェレイラ、BI、ホルスタイン、PE、カーティス、SD、トレフツ、E.、ワイザー・ノバク、S.、ユウ、J.、ギルソン、R.、ヘルバーグ、K.、ファング、L.、シェリダン、 A.、ハー、N.、シェーデル、GS、マナー、U.、 ショー、RJ FNIP1のAMPKリン酸化によるリソソームおよびミトコンドリア生合成の誘導。 (2023) 科学。 380(6642):eabj5559。 DOI: 10.1126/science.abj5559

+ 要約を展開


Kuhlmann-Hogan、A.、Cordes、T.、Xu、Z.、Traina、KA、Robles-Oteíza、C.、Ayeni、D.、Kwong、EM、Levy、SR、Nobari、M.、Cheng、GZ、 ショー、R.、ライベル、SL、メタロ、CM、ポリティ、K.、ケヒ、SM EGFR 肺腺癌は、肺胞マクロファージの代謝と機能を利用して、EGFR シグナル伝達と増殖をサポートします。 (2023) bioRxiv。 DOI:10.1101 / 2023.04.15.536974

+ 要約を展開


アイヒナー、LJ、カーティス、SD、ブラン、SN、マクガイア、CK、グシュテロワ、I.、バウムガルト、JT、トレフツ、E.、ロス、DS、ライモフ、TJ、 ショー、RJ HDAC3 は、変異型非小細胞肺癌における腫瘍の発生と治療抵抗性において重要です。 (2023) 科学の進歩 9(11):eadd3243。 DOI: 10.1126/sciadv.add3243

+ 要約を展開


スタイン、BD、フェラローネ、JR、ガードナー、EE、チャン、JW、ウー、D.、ホルスタイン、PE、リャン、RJ、ユアン、M.、チェン、Q.、クーコス、JS、シンデラー、M.、ンゴ、 B.、グロス、SS、 ショー、RJ、Zhang、C.、Asara、JM、Moellering、RE、Varmus、H.、Cantley、LC TPI1 の LKB1 依存性調節は、ヒト肺腺癌とマウス肺腺癌の間で異なる代謝傾向を生み出します。 (2023) がんの発見。 DOI: 10.1158/2159-8290.CD-22-0805

+ 要約を展開


パリオロー、M.、イブラヒム、LH、イリザリー、E.、メロ、RM、チャン、AB、アルトマン、BJ、 ショー、RJ、ボロン、MJ、ワイズマン、RL、ラミア、KA 概日リズムの乱れは、HSF1 シグナル伝達と、HSFXNUMX 由来の肺がんにおける腫瘍形成を増強します。 (2022) 科学の進歩 8(39):eabo1123。 DOI: 10.1126/sciadv.abo1123

+ 要約を展開


Lee、A.、Kondapalli、C.、Virga、DM、Lewis、TL、Koo、SY、Ashok、A.、Mairet-Coello、G.、Herzig、S.、Foretz、M.、Viollet、B.、 ショー、R.、スプロール、A.、ポリュー、F. Aβ42 オリゴマーは、ミトコンドリア分裂とマイトファジーを調整する CAMKK2-AMPK 依存性エフェクターを通じてシナプス喪失を引き起こします。 (2022) ネイチャーコミュニケーション 13(1):4444. DOI: 10.1038/s41467-022-32130-5

+ 要約を展開


シュミット、DL、カーティス、SD、ライオンズ、AC、チャン、JF、チェン、M.、ヒー、CY、メータ、S.、 ショー、RJ、チャン、J. 高感度キナーゼ活性レポーターによって明らかにされた AMPK シグナル伝達の空間制御。 (2022) ネイチャーコミュニケーション 13(1):3856. DOI: 10.1038/s41467-022-31190-x

+ 要約を展開


Lerman, C.、Hughes-Halbert, C.、Falcone, M.、Gosky, DM、Jensen, RA、Lee, KP、Mitchell, E.、Odunsi, K.、Pegher, JW、Rodriguez, E.、Sanchez、 Yさん、 ショー、R.、ウェイナー、G.、ウィルマン、CL 全国のがんセンターにおけるリーダーシップの多様性と開発。 (2022) 国立がん研究所 DOI:10.1093 / jnci / djac121

+ 要約を展開


リム、EW、ハンズリク、MK、トレフツ、E.、ゲンガタラン、JM、ポンデヴィダ、CM、 ショー、RJ、メタロ、CM アミノ酸および脂質代謝の進行性変化は、マウスの末梢神経障害と相関します。 (2021) 科学の進歩 7(42):eabj4077。 DOI: 10.1126/sciadv.abj4077

+ 要約を展開


トレフツ、E. ショー、RJ AMPK: 時空を超えて代謝恒常性を回復します。 (2021) 分子細胞。 81(18):3677-3690。 DOI: 10.1016/j.molcel.2021.08.015

+ 要約を展開


フン、CM、ロンバルド、PS、マリク、N.、ブラン、SN、ヘルバーグ、K.、ヴァン・ノストランド、JL、ガルシア、D.、バウムガルト、J.、ディフェンダーファー、K.、アサラ、JM、 ショー、RJ AMPK/ULK1 を介した Parkin ACT ドメインのリン酸化は、マイトファジーの初期段階を媒介します。 (2021) 科学の進歩 7(15)。 DOI: 10.1126/sciadv.abg4544

+ 要約を展開


リン、C.、ブレッシング、AM、プリアム、TL、シー、Y.、ウィルケンフェルド、SR、ハン、JJ、マレー、MM、ファム、AH、ズオン、K.、ブラン、SN、 ショー、RJ、イットマン、MM、フリゴ、DE CAMKK2 の阻害は、AMPK-ULK1 シグナル伝達の抑制を介してオートファジーと去勢抵抗性前立腺がんを障害します。 (2021) 癌遺伝子。 DOI:10.1038 / s41388-021-01658-Z

+ 要約を展開


レン、H.、バカス、NA、バモス、M.、チャイクアド、A.、リンパート、AS、ウィマー、CD、ブラン、SN、ランバート、LJ、タウツ、L.、セレリダード、M.、シェフラー、DJ、ナップ、S.、 ショー、RJ、コスフォード、NDP トリプルネガティブ乳がん治療のためのPARP阻害剤オラパリブと相乗作用する経口活性二重特異性ULK1/2オートファジー阻害剤の設計、合成、および特性評価 (2020) 医薬化学ジャーナル。 DOI: 10.1021/acs.jmedchem.0c00873

+ 要約を展開


ヴァン・ノストランド、JL、ヘルバーグ、K.、ルオ、EC、ヴァン・ノストランド、EL、デイン、A.、ユウ、J.、ショヒレフ、MN、デイン、Y.、ヨー、GW、 ショー、RJ Raptor と TSC2 の AMPK 制御は、同化作用と炎症の転写制御に対するメトホルミンの効果を媒介します。 (2020) 遺伝子と発達。 DOI:10.1101 / gad.339895.120

+ 要約を展開


ユン、H.、スピネリ、JB、ザガンジョール、E.、ウォン、SJ、ジャーマン、ニュージャージー、ランドール、EC、ディーン、A.、クレルモント、A.、パウロ、JA、ガルシア、D.、リー、H.、ロンボルド、O.、寒天、NYR、グッドイヤー、LJ、 ショー、RJ、Gygi、SP、Auwerx、J.、Haigis、MC PHD3 の損失は、骨格筋の運動能力と脂肪の酸化を促進します。 (2020) 細胞代謝。 DOI:10.1016 / j.cmet.2020.06.017

+ 要約を展開


スタイン、BD、カルゾラリ、D.、ヘルバーグ、K.、胡、YS、彼、L.、フン、CM、外山、EQ、ロス、DS、リルマイヤー、BF、キャントレー、LC、イェーツ、JR、 ショー、RJ 肝臓におけるメトホルミン応答の定量的 in vivo プロテオミクスにより、AMPK 依存性および非依存性シグナル伝達ネットワークが明らかになります。 (2019) セルレポート 29(10):3331-3348.e7. DOI: 10.1016/j.celrep.2019.10.117

+ 要約を展開


スタイン、BD、ヘルツィヒ、S.、マルティネス-バルトロメ、S.、ラヴァレ-アダム、M.、 ショー、RJ、イェーツ、JR 動的AMPKα2インタラクトームを同定するための、定量的質量分析と組み合わせたアフィニティー精製および内因性免疫沈降のためのCRISPRゲノムタグ付けの比較。 (2019) プロテオーム研究ジャーナル。 18(10):3703-3714. DOI: 10.1021/acs.jproteome.9b00378

+ 要約を展開


ホルスタイン、PE、アイヒナー、LJ、ブラン、SN、カミレディ、A.、スヴェンソン、RU、ベラ、LI、ロス、DS、ライモフ、TJ、ハッチンス、A.、ガルベス、HM、ウィリアムズ、AE、ショヒレフ、ミネソタ、スクリートン、RA、ベルドー、R.、 ショー、RJ AMPK 関連キナーゼ SIK1 および SIK3 は、NSCLC における LKB1 の重要な腫瘍抑制効果を媒介します。 (2019) がんの発見。 DOI: 10.1158/2159-8290.CD-18-1261

+ 要約を展開


ロドン、L.、スヴェンソン、RU、ウィアター、E.、チュン、MGH、ツァイ、WW、アイヒナー、LJ、 ショー、RJ、モンミニー、M. CREB ​​コアクチベーター CRTC2 は、LKB1 変異非小細胞肺癌の発癌を促進します。 (2019) 科学の進歩 5(7):eaaw6455。 DOI: 10.1126/sciadv.aaw6455

+ 要約を展開


菱田 哲、バスケス フェラー E.、菱田 野崎 裕、サンチョ マルティネス I.、高橋 裕、畑中 F.、ウー J.、オカンポ A.、レディ P. 、ウー、MZ、ゲルケン、L.、 ショー、RJ、ロドリゲス・エステバン、C.、ベナー、C.、中川、H.、ギレン・ガルシア、P.、ヌニェス・デリカド、E.、カステルス、A.、カンピストル、JM、リュー、GH、イズピスア・ベルモンテ、JC 前腸 SOX2 細胞の変異は、CXCR2 経路を介して効率的な増殖を誘導します。 (2019) タンパク質と細胞。 10(7):485-495. DOI: 10.1007/s13238-019-0630-3

+ 要約を展開


Nassour, J.、Radford, R.、Correia, A.、Fusté, JM、Schoell, B.、Jauch, A.、 ショー、RJ、カールセダー、J. オートファジー細胞死は、複製危機時の染色体の不安定性を制限します。 (2019) 自然。 565(7741):659-663. DOI: 10.1038/s41586-019-0885-0

+ 要約を展開


Garcia、D.、Hellberg、K.、Chaix、A.、Wallace、M.、Herzig、S.、Badur、MG、Lin、T.、Shokhirev、MN、Pinto、AFM、Ross、DS、Saghatelian、A. 、パンダ、S.、ダウ、LE、メタロ、CM、 ショー、RJ 遺伝的肝臓特異的 AMPK 活性化は、食事誘発性の肥満と NAFLD を防ぎます。 (2019) セルレポート 26(1):192-208.e6. DOI: 10.1016/j.celrep.2018.12.036

+ 要約を展開


リンパート、AS、ランバート、LJ、バカス、NA、バタ、N.、ブラン、SN、 ショー、RJ、コスフォード、NDP がんにおけるオートファジー: 小分子による制御。 (2018) 薬理学的科学の動向 39(12):1021-1032。 DOI: 10.1016/j.tips.2018.10.004

+ 要約を展開


アイヒナー、LJ、ブラン、SN、ヘルツィヒ、S.、ヤング、NP、カーティス、SD、シャッケルフォード、DB、ショヒレフ、MN、ルブラン、M.、ベラ、LI、ハッチンス、A.、ロス、DS、 ショー、RJ、スヴェンソン、RU 遺伝子分析により、マウスの Kras 依存性肺がんモデルにおける腫瘍増殖をサポートするには AMPK が必要であることが明らかになりました。 (2018) 細胞代謝。 29(2):285-302。 DOI: 10.1016/j.cmet.2018.10.005

+ 要約を展開


ルイス、TL、クォン、SK、リー、A.、 ショー、R.、ポリュー、F. MFF依存性のミトコンドリア分裂は、軸索ミトコンドリアのサイズを制限することにより、シナプス前の放出と軸索分岐を制御します。 (2018) ネイチャーコミュニケーション 9(1):5008. DOI: 10.1038/s41467-018-07416-2

+ 要約を展開


フィードラー、EC、 ショー、RJ AMPK は、TET2 のリン酸化を通じてエピゲノムを制御します。 (2018) 細胞代謝。 28(4):534-536。 DOI: 10.1016/j.cmet.2018.09.015

+ 要約を展開


ホルスタイン、PE、 ショー、RJ 炎症を起こした T 細胞と間質は腸腫瘍を引き起こします。 (2018) 科学。 361(6400):332-333。 DOI: 10.1126/science.aau4804


ホルスタイン、PE、 ショー、RJ GNAS は膵臓がんの代謝を変化させます。 (2018) 自然の細胞生物学。 20(7):740-741. DOI: 10.1038/s41556-018-0120-5


ヘルツィヒ、S. ショー、RJ AMPK: 代謝とミトコンドリアの恒常性の守護者。 (2017) Nature は分子細胞生物学をレビューします。 19(2):121-135。 DOI: 10.1038/nrm.2017.95

+ 要約を展開


パーカー、SJ、スヴェンソン、RU、ディヴァカルニ、AS、ルフェーブル、AE、マーフィー、AN、 ショー、RJ、メタロ、CM LKB1 は、エネルギーストレスに応答して代謝の柔軟性を促進します。 (2017) メタブ工学 43(Pt B):208-217。 DOI: 10.1016/j.ymben.2016.12.010

+ 要約を展開


Bar-Peled、L.、Kemper、EK、Suciu、RM、Vinogradova、EV、Backus、KM、Horning、BD、Paul、TA、Ichu、TA、Svensson、RU、Olucha、J.、Chang、MW、Kok、 BP、Zhu、Z.、Ihle、NT、Dix、MM、Jiang、P.、Hayward、MM、Saez、E.、 ショー、RJ、クラヴァット、BF ケミカルプロテオミクスは、遺伝子的に定義されたがんにおける開発可能な脆弱性を特定します。 (2017) セル。 171(3):696-709。 DOI: 10.1016/j.cell.2017.08.051

+ 要約を展開


ガルシア、D. ショー、RJ AMPK: 細胞エネルギーの感知と代謝バランスの回復のメカニズム。 (2017) 分子細胞。 66(6):789-800。 DOI: 10.1016/j.molcel.2017.05.032

+ 要約を展開


ルッジェーロ、D. ショー、RJ 編集概要: 細胞制御: チョコレートや唐辛子を含む 1000 種類のフレーバー。 (2017) 細胞生物学における現在の見解。 45:iv-vi。 DOI: 10.1016/j.ceb.2017.05.008


ハウエル、JJ、ヘルバーグ、K.、ターナー、M.、タルボット、G.、コーラー、MJ、ロス、DS、ホクシャジ、G.、サガテリアン、A.、 ショー、RJ、マニング、BD メトホルミンは、AMPK および TSC 複合体が関与する用量依存的なメカニズムを介して肝臓の mTORC1 シグナル伝達を阻害します。 (2017) 細胞代謝。 25(2):463-471。 DOI: 10.1016/j.cmet.2016.12.009

+ 要約を展開


ルイジアナ州スヴェンソン、 ショー、RJ 脂質合成は非小細胞肺がんの代謝障害です。 (2016) 定量生物学に関するコールドスプリングハーバーシンポジウム。 81:93-103。 DOI: 10.1101/sqb.2016.81.030874

+ 要約を展開


スヴェンソン、RU、パーカー、SJ、アイヒナー、LJ、コーラー、MJ、ウォレス、M.、ブラン、SN、ロンバルド、PS、ヴァン・ノストランド、JL、ハッチンス、A.、ベラ、L.、ガーケン、L.、グリーンウッド、J.、バート、S.、ハリマン、G.、ウェストリン、WF、ハーウッド、HJ、サガテリアン、A.、カペラ、R.、メタロ、CM、 ショー、RJ アセチルCoAカルボキシラーゼの阻害は、前臨床モデルにおける非小細胞肺がんの脂肪酸合成と腫瘍増殖を抑制します。 (2016) ネイチャーメディシン。 22(10):1108-1119。 DOI: 10.1038/nm.4181

+ 要約を展開


メルクヴィルス、C.、ジョヴァイザイト、V.、デュリュー、J.、マチライネン、O.、ジョーダン、SD、キロス、PM、ステフェン、KK、ウィリアムズ、EG、ムシュルー、L.、トロンズ、SU、ムリーリョ、V.、サウスカロライナ州ウォルフ、 ショー、RJ、オーウェルクス、J.、ディリン、A. XNUMX つの保存されたヒストン脱メチル化酵素がミトコンドリアのストレス誘発性長寿を制御する。 (2016) セル。 165(5):1209-23。 DOI: 10.1016/j.cell.2016.04.012

+ 要約を展開


ヤング、NP、カミレディ、A.、ヴァン・ノストランド、JL、アイヒナー、LJ、ショヒレフ、ミネソタ、デイン、Y.、 ショー、RJ AMPK は、Tfeb に依存したリソソームの制御を通じて系統の特定を制御します。 (2016) 遺伝子と発達。 30(5):535-52。 DOI: 10.1101/gad.274142.115

+ 要約を展開


トヤマ、EQ、ヘルツィヒ、S.、クールシェ、J.、ルイス、TL、ロソン、OC、ヘルバーグ、K.、ヤング、NP、チェン、H.、ポリュー、F.、チャン、DC、 ショー、RJ 代謝。 AMP 活性化プロテインキナーゼは、エネルギーストレスに応答してミトコンドリアの分裂を媒介します。 (2016) 科学。 351(6270):275-281。 DOI: 10.1126/science.aab4138

+ 要約を展開


ショー、RJ AMPK は腫瘍細胞が餓死するのを防ぎます。 (2015) セルステムセル。 17(5):503-4。 DOI: 10.1016/j.stem.2015.10.007

+ 要約を展開


シェーファー、BE、レビン、RS、ハーツ、ノーザンテリトリー、マウレス、TJ、ショーフ、ML、ホルスタイン、PE、ベナユン、BA、バンコ、MR、 ショー、RJ、ショカット、KM、ブルネット、A. AMPK リン酸化部位の同定により、細胞浸潤に関与するタンパク質のネットワークが明らかになり、大規模な基質予測が容易になります。 (2015) 細胞代謝。 22(5):907-21。 DOI: 10.1016/j.cmet.2015.09.009

+ 要約を展開


McClatchy、DB、Ma、Y.、Liu、C.、Stein、BD、Martínez-Bartolomé、S.、Vasquez、D.、Hellberg、K.、 ショー、RJ、イェーツ、JR 哺乳類におけるパルスアジドホモアラニン標識 (PALM) は、肝臓特異的 LKB1 ノックアウト マウスの変化を検出します。 (2015) プロテオーム研究ジャーナル。 14(11):4815-22. DOI: 10.1021/acs.jproteome.5b00653

+ 要約を展開


イーガン、DF、チュン、MG、バモス、M.、ゾウ、H.、ロン、J.、ミラー、CJ、ルー、HJ、ラヴェンドラ・パニッカー、D.、ヤン、CC、シェフラー、DJ、テリエテ、P. 、アサラ、JM、ターク、ベルギー、コスフォード、ND、 ショー、RJ オートファジーキナーゼULK1の小分子阻害とULK1基質の同定。 (2015) 分子細胞。 59(2):285-97。 DOI: 10.1016/j.molcel.2015.05.031

+ 要約を展開


ショー、RJ 腫瘍の代謝: MAGE-A タンパク質は TRIM から AMPK への変換を助けます。 (2015) 現在の生物学。 25(10):R418-20。 DOI: 10.1016/j.cub.2015.03.019

+ 要約を展開


Xia, Y.、Yeddula, N.、Leblanc, M.、Ke, E.、Zhang, Y.、Oldfield, E.、 ショー、RJ、イムノ州ヴェルマ マウス肺がんモデルにおける IKK2 枯渇による細胞増殖の減少。 (2015) 自然の細胞生物学。 17(4):532。 DOI: 10.1038/ncb3145


グッドウィン、JM、スヴェンソン、RU、ルー、HJ、ウィンスロー、MM、ターク、BE、 ショー、RJ LKB1 腫瘍抑制因子の下流の AMPK 非依存性シグナル伝達経路は、Snail1 と転移能を制御します。 (2014) 分子細胞。 55(3):436-50。 DOI: 10.1016/j.molcel.2014.06.021

+ 要約を展開


ムチルー、L.、アイヒナー、LJ、 ショー、RJ、オーウェルクス、J. 転写補調節因子:代謝を微調整します。 (2014) 細胞代謝。 20(1):26-40。 DOI: 10.1016/j.cmet.2014.03.027

+ 要約を展開


Luan、B.、Goodarzi、MO、Phillips、NG、Guo、X.、Chen、YD、Yao、J.、Allison、M.、Rotter、JI、 ショー、R.、モンミニー、M. レプチンを介したカテコールアミンシグナル伝達の増加は、マクロファージ HDAC4 の活性化を介して脂肪組織の炎症を軽減します。 (2014) 細胞代謝。 19(6):1058-65。 DOI: 10.1016/j.cmet.2014.03.024

+ 要約を展開


Faubert, B.、Vincent, EE、Griss, T.、Samborska, B.、Izreig, S.、Svensson, RU、Mamer, OA、Avizonis, D.、Shackelford, DB、 ショー、RJ、ジョーンズ、RG 腫瘍抑制因子 LKB1 が失われると、HIF-1α を介してがん細胞の代謝再プログラミングが促進されます。 (2014) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 111(7):2554-9。 DOI: 10.1073/pnas.1312570111

+ 要約を展開


ショー、RJ メトホルミンは脂肪を取り除き、インスリン感受性を回復します。 (2013) ネイチャーメディシン。 19(12):1570-2。 DOI: 10.1038/nm.3414


増井和也、田中和也、アカバンD.、バビックI.、ジニB.、松谷哲也、岩波A.、リューF.、ヴィラGR、グーY.、カンポス、C.、Zhu、S.、Yang、H.、Yong、WH、Cloughesy、TF、メリングホフ、IK、Cavenee、WK、 ショー、RJ、ミシェル、PS mTOR 複合体 2 は、FoxO アセチル化と c-Myc の上方制御を介して神経膠芽腫における解糖代謝を制御します。 (2013) 細胞代謝。 18(5):726-39。 DOI: 10.1016/j.cmet.2013.09.013

+ 要約を展開


Liu, Y.、Marks, K.、Cowley、GS、Carretero、J.、Liu, Q.、Nieland、TJ、Xu、C.、Cohoon、TJ、Gao、P.、Zhang、Y.、Chen、Z .、アルタベフ、AB、チャイチャ、JH、ワン、X.、チョー、S.、ドリガーズ、EM、チャン、J.、ベイリー、ST、シャープレス、ネブラスカ州、ヘイズ、DN、パテル、ニューメキシコ州、ヤンネ、ペンシルベニア州、バーディーシー、N.、エンゲルマン、JA、マニング、BD、 ショー、RJ、アサラ、JM、スカリー、R.、キンメルマン、A.、バイヤーズ、LA、ギボンズ、DL、ウィストゥバ、II、ハイマッハ、JV、クウィアトコウスキー、DJ、キム、ワイオミング州、クン、アラバマ州、グレイ、NS、ルート、DE 、キャントリー、LC、ウォン、KK 代謝および機能ゲノム研究により、デオキシチミジル酸キナーゼが LKB1 変異肺がんの標的であることが特定されました。 (2013) がんの発見。 3(8):870-9. DOI: 10.1158/2159-8290.CD-13-0015

+ 要約を展開


チュン、MG、 ショー、RJ がんの代謝の広さと深さ。 (2013) 自然バイオテクノロジー。 31(6):505-7。 DOI: 10.1038/nbt.2611


ショー、RJ 細胞生物学。 GATOR は mTOR に食い込みます。 (2013) 科学。 340(6136):1056-7。 DOI: 10.1126/science.1240315


シャッケルフォード、DB、アプト、E.、ガーケン、L.、バスケス、DS、関、A.、ルブラン、M.、ウェイ、L.、フィッシュバイン、MC、チェルニン、J.、ミシェル、PS、 ショー、RJ LKB1 の不活化は、代謝薬フェンホルミンに対する非小細胞肺がんの治療反応を決定します。 (2013) がん細胞。 23(2):143-58。 DOI: 10.1016/j.ccr.2012.12.008

+ 要約を展開


ミハイロワ、MM、 ショー、RJ クラス I および II ヒストン脱アセチル化酵素による代謝の再プログラミング。 (2013) 内分泌学と代謝の動向。 24(1):48-57。 DOI: 10.1016/j.tem.2012.09.003

+ 要約を展開


ショー、RJ、キャントレー、LC 細胞生物学。 古代の薬を検出する古代のセンサー。 (2012) 科学。 336(6083):813-4。 DOI: 10.1126/science.1223140


ルイジアナ州スヴェンソン、 ショー、RJ がんの代謝: 腫瘍は味方か敵か。 (2012) 自然。 485(7400):590-1。 DOI: 10.1038/485590a


Klionsky, D.J., Abdalla, F.C., Abeliovich, H., Abraham, R.T., Acevedo-Arozena, A., Adeli, K., Agholme, L., Agnello, M., Agostinis, P., Aguirre-Ghiso, J.A., Ahn, H.J., Ait-Mohamed, O., Ait-Si-Ali, S., Akematsu, T., Akira, S., Al-Younes, H.M., Al-Zeer, M.A., Albert, M.L., Albin, R.L., Alegre-Abarrategui, J., Aleo, M.F., Alirezaei, M., Almasan, A., Almonte-Becerril, M., Amano, A., Amaravadi, R., Amarnath, S., Amer, A.O., Andrieu-Abadie, N., Anantharam, V., Ann, D.K., Anoopkumar-Dukie, S., Aoki, H., Apostolova, N., Arancia, G., Aris, J.P., Asanuma, K., Asare, N.Y., Ashida, H., Askanas, V., Askew, D.S., Auberger, P., Baba, M., Backues, S.K., Baehrecke, E.H., Bahr, B.A., Bai, X.Y., Bailly, Y., Baiocchi, R., Baldini, G., Balduini, W., Ballabio, A., Bamber, B.A., Bampton, E.T., Bánhegyi, G., Bartholomew, C.R., Bassham, D.C., Bast, R.C., Batoko, H., Bay, B.H., Beau, I., Béchet, D.M., Begley, T.J., Behl, C., Behrends, C., Bekri, S., Bellaire, B., Bendall, L.J., Benetti, L., Berliocchi, L., Bernardi, H., Bernassola, F., Besteiro, S., Bhatia-Kissova, I., Bi, X., Biard-Piechaczyk, M., Blum, J.S., Boise, L.H., Bonaldo, P., Boone, D.L., Bornhauser, B.C., Bortoluci, K.R., Bossis, I., Bost, F., Bourquin, J.P., Boya, P., Boyer-Guittaut, M., Bozhkov, P.V., Brady, N.R., Brancolini, C., Brech, A., Brenman, J.E., Brennand, A., Bresnick, E.H., Brest, P., Bridges, D., Bristol, M.L., Brookes, P.S., Brown, E.J., Brumell, J.H., Brunetti-Pierri, N., Brunk, U.T., Bulman, D.E., Bultman, S.J., Bultynck, G., Burbulla, L.F., Bursch, W., Butchar, J.P., Buzgariu, W., Bydlowski, S.P., Cadwell, K., Cahová, M., Cai, D., Cai, J., Cai, Q., Calabretta, B., Calvo-Garrido, J., Camougrand, N., Campanella, M., Campos-Salinas, J., Candi, E., Cao, L., Caplan, A.B., Carding, S.R., Cardoso, S.M., Carew, J.S., Carlin, C.R., Carmignac, V., Carneiro, L.A., Carra, S., Caruso, R.A., Casari, G., Casas, C., Castino, R., Cebollero, E., Cecconi, F., Celli, J., Chaachouay, H., Chae, H.J., Chai, C.Y., Chan, D.C., Chan, E.Y., Chang, R.C., Che, C.M., Chen, C.C., Chen, G.C., Chen, G.Q., Chen, M., Chen, Q., Chen, S.S., Chen, W., Chen, X., Chen, X., Chen, X., Chen, Y.G., Chen, Y., Chen, Y., Chen, Y.J., Chen, Z., Cheng, A., Cheng, C.H., Cheng, Y., Cheong, H., Cheong, J.H., Cherry, S., Chess-Williams, R., Cheung, Z.H., Chevet, E., Chiang, H.L., Chiarelli, R., Chiba, T., Chin, L.S., Chiou, S.H., Chisari, F.V., Cho, C.H., Cho, D.H., Choi, A.M., Choi, D., Choi, K.S., Choi, M.E., Chouaib, S., Choubey, D., Choubey, V., Chu, C.T., Chuang, T.H., Chueh, S.H., Chun, T., Chwae, Y.J., Chye, M.L., Ciarcia, R., Ciriolo, M.R., Clague, M.J., Clark, R.S., Clarke, P.G., Clarke, R., Codogno, P., Coller, H.A., Colombo, M.I., Comincini, S., Condello, M., Condorelli, F., Cookson, M.R., Coombs, G.H., Coppens, I., Corbalan, R., Cossart, P., Costelli, P., Costes, S., Coto-Montes, A., Couve, E., Coxon, F.P., Cregg, J.M., Crespo, J.L., Cronjé, M.J., Cuervo, A.M., Cullen, J.J., Czaja, M.J., D'Amelio, M., Darfeuille-Michaud, A., Davids, L.M., Davies, F.E., De Felici, M., de Groot, J.F., de Haan, C.A., De Martino, L., De Milito, A., De Tata, V., Debnath, J., Degterev, A., Dehay, B., Delbridge, L.M., Demarchi, F., Deng, Y.Z., Dengjel, J., Dent, P., Denton, D., Deretic, V., Desai, S.D., Devenish, R.J., Di Gioacchino, M., Di Paolo, G., Di Pietro, C., Díaz-Araya, G., Díaz-Laviada, I., Diaz-Meco, M.T., Diaz-Nido, J., Dikic, I., Dinesh-Kumar, S.P., Ding, W.X., Distelhorst, C.W., Diwan, A., Djavaheri-Mergny, M., Dokudovskaya, S., Dong, Z., Dorsey, F.C., Dosenko, V., Dowling, J.J., Doxsey, S., Dreux, M., Drew, M.E., Duan, Q., Duchosal, M.A., Duff, K., Dugail, I., Durbeej, M., Duszenko, M., Edelstein, C.L., Edinger, A.L., Egea, G., Eichinger, L., Eissa, N.T., Ekmekcioglu, S., El-Deiry, W.S., Elazar, Z., Elgendy, M., Ellerby, L.M., Eng, K.E., Engelbrecht, A.M., Engelender, S., Erenpreisa, J., Escalante, R., Esclatine, A., Eskelinen, E.L., Espert, L., Espina, V., Fan, H., Fan, J., Fan, Q.W., Fan, Z., Fang, S., Fang, Y., Fanto, M., Fanzani, A., Farkas, T., Farré, J.C., Faure, M., Fechheimer, M., Feng, C.G., Feng, J., Feng, Q., Feng, Y., Fésüs, L., Feuer, R., Figueiredo-Pereira, M.E., Fimia, G.M., Fingar, D.C., Finkbeiner, S., Finkel, T., Finley, K.D., Fiorito, F., Fisher, E.A., Fisher, P.B., Flajolet, M., Florez-McClure, M.L., Florio, S., Fon, E.A., Fornai, F., Fortunato, F., Fotedar, R., Fowler, D.H., Fox, H.S., Franco, R., Frankel, L.B., Fransen, M., Fuentes, J.M., Fueyo, J., Fujii, J., Fujisaki, K., Fujita, E., Fukuda, M., Furukawa, R.H., Gaestel, M., Gailly, P., Gajewska, M., Galliot, B., Galy, V., Ganesh, S., Ganetzky, B., Ganley, I.G., Gao, F.B., Gao, G.F., Gao, J., Garcia, L., Garcia-Manero, G., Garcia-Marcos, M., Garmyn, M., Gartel, A.L., Gatti, E., Gautel, M., Gawriluk, T.R., Gegg, M.E., Geng, J., Germain, M., Gestwicki, J.E., Gewirtz, D.A., Ghavami, S., Ghosh, P., Giammarioli, A.M., Giatromanolaki, A.N., Gibson, S.B., Gilkerson, R.W., Ginger, M.L., Ginsberg, H.N., Golab, J., Goligorsky, M.S., Golstein, P., Gomez-Manzano, C., Goncu, E., Gongora, C., Gonzalez, C.D., Gonzalez, R., González-Estévez, C., González-Polo, R.A., Gonzalez-Rey, E., Gorbunov, N.V., Gorski, S., Goruppi, S., Gottlieb, R.A., Gozuacik, D., Granato, G.E., Grant, G.D., Green, K.N., Gregorc, A., Gros, F., Grose, C., Grunt, T.W., Gual, P., Guan, J.L., Guan, K.L., Guichard, S.M., Gukovskaya, A.S., Gukovsky, I., Gunst, J., Gustafsson, A.B., Halayko, A.J., Hale, A.N., Halonen, S.K., Hamasaki, M., Han, F., Han, T., Hancock, M.K., Hansen, M., Harada, H., Harada, M., Hardt, S.E., Harper, J.W., Harris, A.L., Harris, J., Harris, S.D., Hashimoto, M., Haspel, J.A., Hayashi, S., Hazelhurst, L.A., He, C., He, Y.W., Hébert, M.J., Heidenreich, K.A., Helfrich, M.H., Helgason, G.V., Henske, E.P., Herman, B., Herman, P.K., Hetz, C., Hilfiker, S., Hill, J.A., Hocking, L.J., Hofman, P., Hofmann, T.G., Höhfeld, J., Holyoake, T.L., Hong, M.H., Hood, D.A., Hotamisligil, G.S., Houwerzijl, E.J., Høyer-Hansen, M., Hu, B., Hu, C.A., Hu, H.M., Hua, Y., Huang, C., Huang, J., Huang, S., Huang, W.P., Huber, T.B., Huh, W.K., Hung, T.H., Hupp, T.R., Hur, G.M., Hurley, J.B., Hussain, S.N., Hussey, P.J., Hwang, J.J., Hwang, S., Ichihara, A., Ilkhanizadeh, S., Inoki, K., Into, T., Iovane, V., Iovanna, J.L., Ip, N.Y., Isaka, Y., Ishida, H., Isidoro, C., Isobe, K., Iwasaki, A., Izquierdo, M., Izumi, Y., Jaakkola, P.M., Jäättelä, M., Jackson, G.R., Jackson, W.T., Janji, B., Jendrach, M., Jeon, J.H., Jeung, E.B., Jiang, H., Jiang, H., Jiang, J.X., Jiang, M., Jiang, Q., Jiang, X., Jiang, X., Jiménez, A., Jin, M., Jin, S., Joe, C.O., Johansen, T., Johnson, D.E., Johnson, G.V., Jones, N.L., Joseph, B., Joseph, S.K., Joubert, A.M., Juhász, G., Juillerat-Jeanneret, L., Jung, C.H., Jung, Y.K., Kaarniranta, K., Kaasik, A., Kabuta, T., Kadowaki, M., Kagedal, K., Kamada, Y., Kaminskyy, V.O., Kampinga, H.H., Kanamori, H., Kang, C., Kang, K.B., Kang, K.I., Kang, R., Kang, Y.A., Kanki, T., Kanneganti, T.D., Kanno, H., Kanthasamy, A.G., Kanthasamy, A., Karantza, V., Kaushal, G.P., Kaushik, S., Kawazoe, Y., Ke, P.Y., Kehrl, J.H., Kelekar, A., Kerkhoff, C., Kessel, D.H., Khalil, H., Kiel, J.A., Kiger, A.A., Kihara, A., Kim, D.R., Kim, D.H., Kim, D.H., Kim, E.K., Kim, H.R., Kim, J.S., Kim, J.H., Kim, J.C., Kim, J.K., Kim, P.K., Kim, S.W., Kim, Y.S., Kim, Y., Kimchi, A., Kimmelman, A.C., King, J.S., Kinsella, T.J., Kirkin, V., Kirshenbaum, L.A., Kitamoto, K., Kitazato, K., Klein, L., Klimecki, W.T., Klucken, J., Knecht, E., Ko, B.C., Koch, J.C., Koga, H., Koh, J.Y., Koh, Y.H., Koike, M., Komatsu, M., Kominami, E., Kong, H.J., Kong, W.J., Korolchuk, V.I., Kotake, Y., Koukourakis, M.I., Kouri Flores, J.B., Kovács, A.L., Kraft, C., Krainc, D., Krämer, H., Kretz-Remy, C., Krichevsky, A.M., Kroemer, G., Krüger, R., Krut, O., Ktistakis, N.T., Kuan, C.Y., Kucharczyk, R., Kumar, A., Kumar, R., Kumar, S., Kundu, M., Kung, H.J., Kurz, T., Kwon, H.J., La Spada, A.R., Lafont, F., Lamark, T., Landry, J., Lane, J.D., Lapaquette, P., Laporte, J.F., László, L., Lavandero, S., Lavoie, J.N., Layfield, R., Lazo, P.A., Le, W., Le Cam, L., Ledbetter, D.J., Lee, A.J., Lee, B.W., Lee, G.M., Lee, J., Lee, J.H., Lee, M., Lee, M.S., Lee, S.H., Leeuwenburgh, C., Legembre, P., Legouis, R., Lehmann, M., Lei, H.Y., Lei, Q.Y., Leib, D.A., Leiro, J., Lemasters, J.J., Lemoine, A., Lesniak, M.S., Lev, D., Levenson, V.V., Levine, B., Levy, E., Li, F., Li, J.L., Li, L., Li, S., Li, W., Li, X.J., Li, Y.B., Li, Y.P., Liang, C., Liang, Q., Liao, Y.F., Liberski, P.P., Lieberman, A., Lim, H.J., Lim, K.L., Lim, K., Lin, C.F., Lin, F.C., Lin, J., Lin, J.D., Lin, K., Lin, W.W., Lin, W.C., Lin, Y.L., Linden, R., Lingor, P., Lippincott-Schwartz, J., Lisanti, M.P., Liton, P.B., Liu, B., Liu, C.F., Liu, K., Liu, L., Liu, Q.A., Liu, W., Liu, Y.C., Liu, Y., Lockshin, R.A., Lok, C.N., Lonial, S., Loos, B., Lopez-Berestein, G., López-Otín, C., Lossi, L., Lotze, M.T., Lőw, P., Lu, B., Lu, B., Lu, B., Lu, Z., Luciano, F., Lukacs, N.W., Lund, A.H., Lynch-Day, M.A., Ma, Y., Macian, F., MacKeigan, J.P., Macleod, K.F., Madeo, F., Maiuri, L., Maiuri, M.C., Malagoli, D., Malicdan, M.C., Malorni, W., Man, N., Mandelkow, E.M., Manon, S., Manov, I., Mao, K., Mao, X., Mao, Z., Marambaud, P., Marazziti, D., Marcel, Y.L., Marchbank, K., Marchetti, P., Marciniak, S.J., Marcondes, M., Mardi, M., Marfe, G., Mariño, G., Markaki, M., Marten, M.R., Martin, S.J., Martinand-Mari, C., Martinet, W., Martinez-Vicente, M., Masini, M., Matarrese, P., Matsuo, S., Matteoni, R., Mayer, A., Mazure, N.M., McConkey, D.J., McConnell, M.J., McDermott, C., McDonald, C., McInerney, G.M., McKenna, S.L., McLaughlin, B., McLean, P.J., McMaster, C.R., McQuibban, G.A., Meijer, A.J., Meisler, M.H., Meléndez, A., Melia, T.J., Melino, G., Mena, M.A., Menendez, J.A., Menna-Barreto, R.F., Menon, M.B., Menzies, F.M., Mercer, C.A., Merighi, A., Merry, D.E., Meschini, S., Meyer, C.G., Meyer, T.F., Miao, C.Y., Miao, J.Y., Michels, P.A., Michiels, C., Mijaljica, D., Milojkovic, A., Minucci, S., Miracco, C., Miranti, C.K., Mitroulis, I., Miyazawa, K., Mizushima, N., Mograbi, B., Mohseni, S., Molero, X., Mollereau, B., Mollinedo, F., Momoi, T., Monastyrska, I., Monick, M.M., Monteiro, M.J., Moore, M.N., Mora, R., Moreau, K., Moreira, P.I., Moriyasu, Y., Moscat, J., Mostowy, S., Mottram, J.C., Motyl, T., Moussa, C.E., Müller, S., Muller, S., Münger, K., Münz, C., Murphy, L.O., Murphy, M.E., Musarò, A., Mysorekar, I., Nagata, E., Nagata, K., Nahimana, A., Nair, U., Nakagawa, T., Nakahira, K., Nakano, H., Nakatogawa, H., Nanjundan, M., Naqvi, N.I., Narendra, D.P., Narita, M., Navarro, M., Nawrocki, S.T., Nazarko, T.Y., Nemchenko, A., Netea, M.G., Neufeld, T.P., Ney, P.A., Nezis, I.P., Nguyen, H.P., Nie, D., Nishino, I., Nislow, C., Nixon, R.A., Noda, T., Noegel, A.A., Nogalska, A., Noguchi, S., Notterpek, L., Novak, I., Nozaki, T., Nukina, N., Nürnberger, T., Nyfeler, B., Obara, K., Oberley, T.D., Oddo, S., Ogawa, M., Ohashi, T., Okamoto, K., Oleinick, N.L., Oliver, F.J., Olsen, L.J., Olsson, S., Opota, O., Osborne, T.F., Ostrander, G.K., Otsu, K., Ou, J.H., Ouimet, M., Overholtzer, M., Ozpolat, B., Paganetti, P., Pagnini, U., Pallet, N., Palmer, G.E., Palumbo, C., Pan, T., Panaretakis, T., Pandey, U.B., Papackova, Z., Papassideri, I., Paris, I., Park, J., Park, O.K., Parys, J.B., Parzych, K.R., Patschan, S., Patterson, C., Pattingre, S., Pawelek, J.M., Peng, J., Perlmutter, D.H., Perrotta, I., Perry, G., Pervaiz, S., Peter, M., Peters, G.J., Petersen, M., Petrovski, G., Phang, J.M., Piacentini, M., Pierre, P., Pierrefite-Carle, V., Pierron, G., Pinkas-Kramarski, R., Piras, A., Piri, N., Platanias, L.C., Pöggeler, S., Poirot, M., Poletti, A., Poüs, C., Pozuelo-Rubio, M., Prætorius-Ibba, M., Prasad, A., Prescott, M., Priault, M., Produit-Zengaffinen, N., Progulske-Fox, A., Proikas-Cezanne, T., Przedborski, S., Przyklenk, K., Puertollano, R., Puyal, J., Qian, S.B., Qin, L., Qin, Z.H., Quaggin, S.E., Raben, N., Rabinowich, H., Rabkin, S.W., Rahman, I., Rami, A., Ramm, G., Randall, G., Randow, F., Rao, V.A., Rathmell, J.C., Ravikumar, B., Ray, S.K., Reed, B.H., Reed, J.C., Reggiori, F., Régnier-Vigouroux, A., Reichert, A.S., Reiners, J.J., Reiter, R.J., Ren, J., Revuelta, J.L., Rhodes, C.J., Ritis, K., Rizzo, E., Robbins, J., Roberge, M., Roca, H., Roccheri, M.C., Rocchi, S., Rodemann, H.P., Rodríguez de Córdoba, S., Rohrer, B., Roninson, I.B., Rosen, K., Rost-Roszkowska, M.M., Rouis, M., Rouschop, K.M., Rovetta, F., Rubin, B.P., Rubinsztein, D.C., Ruckdeschel, K., Rucker, E.B., Rudich, A., Rudolf, E., Ruiz-Opazo, N., Russo, R., Rusten, T.E., Ryan, K.M., Ryter, S.W., Sabatini, D.M., Sadoshima, J., Saha, T., Saitoh, T., Sakagami, H., Sakai, Y., Salekdeh, G.H., Salomoni, P., Salvaterra, P.M., Salvesen, G., Salvioli, R., Sanchez, A.M., Sánchez-Alcázar, J.A., Sánchez-Prieto, R., Sandri, M., Sankar, U., Sansanwal, P., Santambrogio, L., Saran, S., Sarkar, S., Sarwal, M., Sasakawa, C., Sasnauskiene, A., Sass, M., Sato, K., Sato, M., Schapira, A.H., Scharl, M., Schätzl, H.M., Scheper, W., Schiaffino, S., Schneider, C., Schneider, M.E., Schneider-Stock, R., Schoenlein, P.V., Schorderet, D.F., Schüller, C., Schwartz, G.K., Scorrano, L., Sealy, L., Seglen, P.O., Segura-Aguilar, J., Seiliez, I., Seleverstov, O., Sell, C., Seo, J.B., Separovic, D., Setaluri, V., Setoguchi, T., Settembre, C., Shacka, J.J., Shanmugam, M., Shapiro, I.M., Shaulian, E., ショー、RJ, Shelhamer, J.H., Shen, H.M., Shen, W.C., Sheng, Z.H., Shi, Y., Shibuya, K., Shidoji, Y., Shieh, J.J., Shih, C.M., Shimada, Y., Shimizu, S., Shintani, T., Shirihai, O.S., Shore, G.C., Sibirny, A.A., Sidhu, S.B., Sikorska, B., Silva-Zacarin, E.C., Simmons, A., Simon, A.K., Simon, H.U., Simone, C., Simonsen, A., Sinclair, D.A., Singh, R., Sinha, D., Sinicrope, F.A., Sirko, A., Siu, P.M., Sivridis, E., Skop, V., Skulachev, V.P., Slack, R.S., Smaili, S.S., Smith, D.R., Soengas, M.S., Soldati, T., Song, X., Sood, A.K., Soong, T.W., Sotgia, F., Spector, S.A., Spies, C.D., Springer, W., Srinivasula, S.M., Stefanis, L., Steffan, J.S., Stendel, R., Stenmark, H., Stephanou, A., Stern, S.T., Sternberg, C., Stork, B., Strålfors, P., Subauste, C.S., Sui, X., Sulzer, D., Sun, J., Sun, S.Y., Sun, Z.J., Sung, J.J., Suzuki, K., Suzuki, T., Swanson, M.S., Swanton, C., Sweeney, S.T., Sy, L.K., Szabadkai, G., Tabas, I., Taegtmeyer, H., Tafani, M., Takács-Vellai, K., Takano, Y., Takegawa, K., Takemura, G., Takeshita, F., Talbot, N.J., Tan, K.S., Tanaka, K., Tanaka, K., Tang, D., Tang, D., Tanida, I., Tannous, B.A., Tavernarakis, N., Taylor, G.S., Taylor, G.A., Taylor, J.P., Terada, L.S., Terman, A., Tettamanti, G., Thevissen, K., Thompson, C.B., Thorburn, A., Thumm, M., Tian, F., Tian, Y., Tocchini-Valentini, G., Tolkovsky, A.M., Tomino, Y., Tönges, L., Tooze, S.A., Tournier, C., Tower, J., Towns, R., Trajkovic, V., Travassos, L.H., Tsai, T.F., Tschan, M.P., Tsubata, T., Tsung, A., Turk, B., Turner, L.S., Tyagi, S.C., Uchiyama, Y., Ueno, T., Umekawa, M., Umemiya-Shirafuji, R., Unni, V.K., Vaccaro, M.I., Valente, E.M., Van den Berghe, G., van der Klei, I.J., van Doorn, W., van Dyk, L.F., van Egmond, M., van Grunsven, L.A., Vandenabeele, P., Vandenberghe, W.P., Vanhorebeek, I., Vaquero, E.C., Velasco, G., Vellai, T., Vicencio, J.M., Vierstra, R.D., Vila, M., Vindis, C., Viola, G., Viscomi, M.T., Voitsekhovskaja, O.V., von Haefen, C., Votruba, M., Wada, K., Wade-Martins, R., Walker, C.L., Walsh, C.M., Walter, J., Wan, X.B., Wang, A., Wang, C., Wang, D., Wang, F., Wang, F., Wang, G., Wang, H., Wang, H.G., Wang, H.D., Wang, J., Wang, K., Wang, M., Wang, R.C., Wang, X., Wang, X., Wang, Y.J., Wang, Y., Wang, Z., Wang, Z.C., Wang, Z., Wansink, D.G., Ward, D.M., Watada, H., Waters, S.L., Webster, P., Wei, L., Weihl, C.C., Weiss, W.A., Welford, S.M., Wen, L.P., Whitehouse, C.A., Whitton, J.L., Whitworth, A.J., Wileman, T., Wiley, J.W., Wilkinson, S., Willbold, D., Williams, R.L., Williamson, P.R., Wouters, B.G., Wu, C., Wu, D.C., Wu, W.K., Wyttenbach, A., Xavier, R.J., Xi, Z., Xia, P., Xiao, G., Xie, Z., Xie, Z., Xu, D.Z., Xu, J., Xu, L., Xu, X., Yamamoto, A., Yamamoto, A., Yamashina, S., Yamashita, M., Yan, X., Yanagida, M., Yang, D.S., Yang, E., Yang, J.M., Yang, S.Y., Yang, W., Yang, W.Y., Yang, Z., Yao, M.C., Yao, T.P., Yeganeh, B., Yen, W.L., Yin, J.J., Yin, X.M., Yoo, O.J., Yoon, G., Yoon, S.Y., Yorimitsu, T., Yoshikawa, Y., Yoshimori, T., Yoshimoto, K., You, H.J., Youle, R.J., Younes, A., Yu, L., Yu, L., Yu, S.W., Yu, W.H., Yuan, Z.M., Yue, Z., Yun, C.H., Yuzaki, M., Zabirnyk, O., Silva-Zacarin, E., Zacks, D., Zacksenhaus, E., Zaffaroni, N., Zakeri, Z., Zeh, H.J., Zeitlin, S.O., Zhang, H., Zhang, H.L., Zhang, J., Zhang, J.P., Zhang, L., Zhang, L., Zhang, M.Y., Zhang, X.D., Zhao, M., Zhao, Y.F., Zhao, Y., Zhao, Z.J., Zheng, X., Zhivotovsky, B., Zhong, Q., Zhou, C.Z., Zhu, C., Zhu, W.G., Zhu, X.F., Zhu, X., Zhu, Y., Zoladek, T., Zong, W.X., Zorzano, A., Zschocke, J., Zuckerbraun, B. オートファジーをモニタリングするためのアッセイの使用と解釈に関するガイドライン。 (2012) オートファジー。 8(4):445-544。

+ 要約を展開


Xia, Y.、Yeddula, N.、Leblanc, M.、Ke, E.、Zhang, Y.、Oldfield, E.、 ショー、RJ、イムノ州ヴェルマ マウス肺がんモデルにおける IKK2 枯渇による細胞増殖の減少。 (2012) 自然の細胞生物学。 14(3):257-65。 DOI: 10.1038/ncb2428

+ 要約を展開


アウリッキオ、N.、マリノフスカ、I.、 ショー、R.、マニング、BD、クウィアトコウスキー、DJ 結節性硬化症複合体(TSC)のマウスモデルにおけるメトホルミンとボルテゾミブの治療試験。 (2012) PLOS One。 7(2):e31900。 DOI: 10.1371/journal.pone.0031900

+ 要約を展開


ショー、RJ、キャントレー、LC がん細胞の代謝における重要なノードを解読します:砂糖、スパイス、その他すべての素晴らしいもの。 (2012) F1000生物学レポート。 4:2。 DOI: 10.3410/B4-2

+ 要約を展開


ミハイロワ、MM、 ショー、RJ AMPK シグナル伝達経路は、細胞の増殖、オートファジー、代謝を調整します。 (2011) 自然の細胞生物学。 13(9):1016-23。 DOI: 10.1038/ncb2329

+ 要約を展開


アクタル、A.、フックス、E.、ミッチソン、T.、 ショー、RJ、セント ジョンストン、D.、ストラッサー、A.、テイラー、S.、ウォルチャック、C.、​​ゼリアル、M. 分子細胞生物学の XNUMX 年: 成果と課題。 (2011) Nature は分子細胞生物学をレビューします。 12(10):669-74。 DOI: 10.1038/nrm3187

+ 要約を展開


イーガン、D.、キム、J.、 ショー、RJ、クアン州グアン オートファジーを開始するキナーゼ ULK1 は、AMPK と mTOR による反対のリン酸化を介して制御されます。 (2011) オートファジー。 7(6):643-4。

+ 要約を展開


ミハイロワ、MM、バスケス、DS、ラブンシャール、K.、デネショー、PD、ユウ、RT、アルバレス、JG、ダウンズ、M.、エヴァンス、RM、モンミニー、M.、 ショー、RJ クラス IIa ヒストン脱アセチラーゼは、FOXO および哺乳動物のグルコース恒常性のホルモン活性化制御因子です。 (2011) セル。 145(4):607-21。 DOI: 10.1016/j.cell.2011.03.043

+ 要約を展開


ワン、B.、モヤ、N.、ニーセン、S.、フーバー、H.、ミハイロワ、MM、 ショー、RJ、イェーツ、JR、フィッシャー、WH、トーマス、JB、モンミニー、M. エネルギーバランスを調節するホルモン依存性モジュール。 (2011) セル。 145(4):596-606。 DOI: 10.1016/j.cell.2011.04.013

+ 要約を展開


Li、Y.、Xu、S.、Mihaylova、MM、Zheng、B.、Hou、X.、Jiang、B.、Park、O.、Luo、Z.、Lefai、E.、Shyy、JY、Gao、 B.、Wierzbicki、M.、Verbeuren、TJ、 ショー、RJ、コーエン、RA、ザン、M. AMPK は、SREBP 活性をリン酸化して阻害し、食餌誘発性インスリン抵抗性マウスの脂肪肝とアテローム性動脈硬化を軽減します。 (2011) 細胞代謝。 13(4):376-388。 DOI: 10.1016/j.cmet.2011.03.009

+ 要約を展開


Mair, W.、Morantte, I.、Rodrigues, AP、Manning, G.、Montminy, M.、 ショー、RJ、ディリン、A. AMPK とカルシニューリンによって誘導される寿命延長は、CRTC-1 と CREB ​​によって媒介されます。 (2011) 自然。 470(7334):404-8。 DOI: 10.1038/nature09706

+ 要約を展開


MJ・バーンバウム、 ショー、RJ ゲノミクス: 薬物、糖尿病、がん。 (2011) 自然。 470(7334):338-9。 DOI: 10.1038/470338a


イーガン、DF、シャッケルフォード、DB、ミハイロワ、MM、ジェリーノ、S.、コーンツ、RA、メア、W.、バスケス、DS、ジョシ、A.、グウィン、DM、テイラー、R.、アサラ、JM、フィッツパトリック、 J.、ディリン、A.、バイオレット、B.、クンドゥ、M.、ハンセン、M.、 ショー、RJ AMP 活性化プロテインキナーゼによる ULK1 (hATG1) のリン酸化は、エネルギー感知をマイトファジーに結び付けます。 (2011) 科学。 331(6016):456-61。 DOI: 10.1126/science.1196371

+ 要約を展開


大橋和也、大内直也、樋口暁生、 ショー、RJ、ウォルシュ、K. Tie1-Cre発現細胞におけるLKB2欠損は、虚血誘発性の血管新生を損なう。 (2010) 生物化学のジャーナル。 285(29):22291-8。 DOI: 10.1074/jbc.M110.123794

+ 要約を展開


ショー、RJ、エヴァンス、RM、サイモン、MC ラホーヤの代謝とガン。 (2010) がん研究。 70(10):3864-9. DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-09-4529


ショー、RJ マドリードでは代謝とがんが混在している。 (2010) EMBOレポート。 11(4):249-51。 DOI: 10.1038/embor.2010.40

+ 要約を展開


グウィン、DM、アサラ、JM、 ショー、RJ Raptor は有糸分裂中に cdc2 によってリン酸化されます。 (2010) PLOS One。 5(2):e9197。 DOI: 10.1371/journal.pone.0009197

+ 要約を展開


ショー、R. ジャーナルクラブ。 あるがん研究者が、栄養素と遺伝子発現の基本的な関係について考察しています。 (2009) 自然。 462(7275):829。 DOI: 10.1038/462829f


池田裕也、佐藤和也、ピメンテルDR、サムF.、 ショー、RJ、ダイク、JR、ウォルシュ、K. LKB1 の心臓特異的な欠失は肥大と機能不全を引き起こします。 (2009) 生物化学のジャーナル。 284(51):35839-49。 DOI: 10.1074/jbc.M109.057273

+ 要約を展開


ラミア、KA、サクデヴァ、UM、ディタッキオ、L.、ウィリアムズ、EC、アルバレス、JG、イーガン、DF、バスケス、DS、ジュギロン、H.、パンダ、S.、 ショー、RJ、トンプソン、CB、エバンス、RM AMPK は、クリプトクロムのリン酸化と分解によって概日時計を調節します。 (2009) 科学。 326(5951):437-40。 DOI: 10.1126/science.1172156

+ 要約を展開


ショー、RJ LKB1 による腫瘍抑制: SIK 性により転移が防止されます。 (2009) サイエンスシグナリング。 2(86):pe55。 DOI: 10.1126/scisignal.286pe55

+ 要約を展開


シャッケルフォード、DB、 ショー、RJ LKB1-AMPK 経路: 腫瘍抑制における代謝と増殖の制御。 (2009) ネイチャーはがんをレビューします。 9(8):563-75。 DOI: 10.1038/nrc2676

+ 要約を展開


シャッケルフォード、DB、バスケス、DS、コルベイユ、J.、ウー、S.、ルブラン、M.、ウー、CL、ベラ、DR、 ショー、RJ ポイツ・ジェガース症候群の LKB1 マウスモデルにおける mTOR および HIF-1α 媒介腫瘍代謝。 (2009) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 106(27):11137-42。 DOI: 10.1073/pnas.0900465106

+ 要約を展開


ショー、RJ LKB1 および AMP 活性化プロテインキナーゼは、mTOR シグナル伝達と増殖を制御します。 (2009) アクタフィジオロジカ。 196(1):65-80. DOI: 10.1111/j.1748-1716.2009.01972.x

+ 要約を展開


ショー、R.、ディリン、A. PPTR-1 はインスリンシグナル伝達をカウンターします。 (2009) セル。 136(5):816-8。 DOI: 10.1016/j.cell.2009.02.029

+ 要約を展開


W. メア、SH パノウスキー、 ショー、RJ、ディリン、A. C.エレガンスの遺伝子エピスタシス解析と遺伝子発見のための食事制限の最適化。 (2009) PLOS One。 4(2):e4535。 DOI: 10.1371/journal.pone.0004535

+ 要約を展開


ショー、RJ mTOR シグナル伝達: RAG GTPase はアミノ酸シグナルを伝達します。 (2008) 生化学科学の動向。 33(12):565-8。 DOI: 10.1016/j.tibs.2008.09.005

+ 要約を展開


ショー、RJ ラプターは代謝に急襲します。 (2008) 細胞代謝。 8(5):343-4。 DOI: 10.1016/j.cmet.2008.10.007

+ 要約を展開


ショー、RJ LKB1: がん、極性、代謝、そして生殖能力。 (2008) 生化学ジャーナル。 416(1):e1-3。 DOI: 10.1042/BJ20082023

+ 要約を展開


ナーカー、バージニア、ダウンズ、M.、ユウ、RT、エンブラー、E.、ワン、YX、バナヨ、E.、ミハイロバ、MM、ネルソン、MC、ゾウ、Y.、ジュギロン、H.、カン、H.、 ショー、RJ、エヴァンス、RM AMPK および PPARδ アゴニストは運動模倣薬です。 (2008) セル。 134(3):405-15。 DOI: 10.1016/j.cell.2008.06.051

+ 要約を展開


グウィン、DM、シャッケルフォード、DB、イーガン、DF、ミハイロワ、MM、メリー、A.、バスケス、DS、ターク、BE、 ショー、RJ ラプトルの AMPK リン酸化は代謝チェックポイントを仲介します。 (2008) 分子細胞。 30(2):214-26。 DOI: 10.1016/j.molcel.2008.03.003

+ 要約を展開


ショー、RJ 糖代謝とがん。 (2006) 細胞生物学における現在の見解。 18(6):598-608。 DOI: 10.1016/j.ceb.2006.10.005

+ 要約を展開


バウアー、JA、ピアソン、KJ、プライス、NL、ジェイミソン、HA、レリン、C.、カルラ、A.、プラブ、VV、アラード、JS、ロペス・ルルチ、G.、ルイス、K.、ピステル、PJ、プーサラ、S.、ベッカー、KG、ボス、O.、グウィン、D.、ワン、M.、ラマスワミー、S.、フィッシュバイン、KW、スペンサー、RG、ラカッタ、EG、ル・クトゥール、D.、 ショー、RJ、ナバス、P.、プイグサーバー、P.、イングラム、DK、デ・カボ、R.、シンクレア、DA レスベラトロールは、高カロリー食を与えているマウスの健康と生存を改善します。 (2006) 自然。 444(7117):337-42。 DOI: 10.1038/nature05354

+ 要約を展開


ショー、RJ、キャントレー、LC Ras、PI(3)K、および mTOR シグナル伝達は腫瘍細胞の増殖を制御します。 (2006) 自然。 441(7092):424-30。 DOI: 10.1038/nature04869

+ 要約を展開


ショー、RJ、ラミア、KA、バスケス、D.、クー、SH、バーディーシー、N.、デピーニョ、RA、モンミニー、M.、キャントリー、LC キナーゼ LKB1 は肝臓のグルコース恒常性とメトホルミンの治療効果を仲介します。 (2005) 科学。 310(5754):1642-6。 DOI: 10.1126/science.1120781

+ 要約を展開


フェルナンデス、N.、サン、Y.、チェン、S.、ポール、P.、 ショー、RJ、キャントリー、LC、プライス、BD DNA損傷によって引き起こされるATMとその標的タンパク質との結合には、ATMのN末端にタンパク質相互作用ドメインが必要です。 (2005) 生物化学のジャーナル。 280(15):15158-64。 DOI: 10.1074/jbc.M412065200

+ 要約を展開


ショー、RJ、バーディーシー、N.、マニング、BD、ロペス、L.、コスマトカ、M.、デピーニョ、RA、キャントリー、LC LKB1 腫瘍抑制因子は、mTOR シグナル伝達を負に制御します。 (2004) がん細胞。 6(1):91-9。 DOI: 10.1016/j.ccr.2004.06.007

+ 要約を展開


ショー、RJ、コスマトカ、M.、バーディーシー、N.、ハーレー、RL、ウィッターズ、LA、デピーニョ、RA、キャントリー、LC 腫瘍抑制因子 LKB1 キナーゼは、AMP 活性化キナーゼを直接活性化し、エネルギー ストレスに応答してアポトーシスを制御します。 (2004) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 101(10):3329-35。 DOI: 10.1073/pnas.0308061100

+ 要約を展開


ショー、RJ、パエズ、JG、カート、M.、ヤクティン、A.、プルーイット、WM、早乙女、I.、オブライアン、JP、グプタ、V.、ラトナー、N.、ダー、CJ、ジャックス、T.、マクラッチー、AI Nf2 腫瘍抑制因子であるマーリンは、Rac 依存性シグナル伝達で機能します。 (2001) 発生細胞。 1(1):63-72。

+ 要約を展開


カルマン、P.、ゴザニ、O.、オッゼ、RD、周、XC、朱、H.、 ショー、R.、ブライエン、TP、ボズート、CD、大井、D.、キャントレー、LC、ユアン、J. Peutz-Jegher 遺伝子産物 LKB1 は、p53 依存性細胞死のメディエーターです。 (2001) 分子細胞。 7(6):1307-19。

+ 要約を展開


ショー、RJ、マクラッチー、AI、ジャックス、T. 神経線維腫症 II 型腫瘍抑制因子マーリンの局在と機能ドメイン。 (1998) 細胞の成長と分化。 9(4):287-96。

+ 要約を展開


ショー、RJ、マクラッチー、AI、ジャックス、T. 接着および増殖停止刺激による神経線維腫症 2 型腫瘍抑制タンパク質、マーリンの制御。 (1998) 生物化学のジャーナル。 273(13):7757-64。

+ 要約を展開


ショー、RJ、ヘンリー、M.、ソロモン、F.、ジャックス、T. RhoA 依存性のリン酸化と線維芽細胞の頂端膜/アクチン突起への ERM タンパク質の再局在化。 (1998) 細胞の分子生物学。 9(2):403-19。

+ 要約を展開


Platko、JV、Leonard、DA、Adra、CN、 ショー、RJ、セリオーネ、RA、リム、B. 単一残基は、Rho サブファミリー GDP 解離阻害剤の機能ドメインの標的結合親和性と活性を変更できます。 (1995) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 92(7):2974-8。

+ 要約を展開


教育

コーネル大学生物学学士号
マサチューセッツ工科大学、生物学博士号
ハーバード大学医学部博士研究員


賞と優等生

  • マークがん研究財団賞、2022 年
  • 2017 年国立がん研究所優秀研究者賞
  • ハワード・ヒューズ医学研究所 初期キャリア科学者、2009 年
  • 米国糖尿病協会ジュニアファカルティ賞、2008 年
  • 米国癌協会研究奨学生賞、2007 年