トッド・マイケル博士

研究教授

植物分子細胞生物学研究室

ソーク生物学研究所 - 出版物

すべての出版物


トムリン、CM、ラジャラマン、S.、セベスタ、JT、シェーン、AC、ベンディクスビー、M.、ロウ、YW、サロヤルヴィ、J.、 マイケル、TP、アルバート、バージニア州、リンドクヴィスト、C. ハワイ固有のミントの異質倍数体の起源と多様化。 (2024) ネイチャーコミュニケーション 15(1):3109. DOI: 10.1038/s41467-024-47247-y

+ 要約を展開


Harkess, A.、Bewick, A.J.、Lu, Z.、Fourounjian, P.、 マイケル、TP、シュミッツ、R.J.、マイヤーズ、BC ウキクサにおける維持 DNA メチル化の異常な優勢。 (2024) G3。 DOI: 10.1093/g3journal/jkae004

+ 要約を展開


ミニッチ、JJ、ムーア、ML、オールシング、NA、エイルワード、A.、マレー、ER、トラン、L.、 マイケル、TP 保存を最適化することで、野外で収集した標本から高品質の植物と魚の参照ゲノムを生成します。 (2023) コミュニケーション生物学。 6(1):1246. DOI: 10.1038/s42003-023-05615-2

+ 要約を展開


スティール、TS、ブルクハルト、I.、ムーア、ML、デ・ロンド、T.、ボーン、HK、バリー、K.、バンティング、VM、グリムウッド、J.、ハンドリー、LH、ラジャセカール、S.、タラグ、J. 、 マイケル、TP、ムーア、BS 微生物様のI型テルペン合成酵素を介した紅藻類におけるハロテルペノイドの生合成。 (2023) ACSケミカルバイオロジー。 DOI: 10.1021/acschembio.3c00627

+ 要約を展開


ソール、F.、シャルマン、M.、若竹、T.、ラジャラマン、S.、マルケス、A.、フロイント、M.、ブリングマン、G.、シャノン、L.、ベッカー、D.、キャロル、E.、ロウ、YW、リンドクヴィスト、C.、ギルバート、KJ、レナー、T.、増田、S.、リヒター、M.、ヴォッグ、G.、シラス、K.、 マイケル、TP、Hedrich、R.、Albert、VA、Fukushima、K. サブゲノム優勢は、十倍体ピッチャー植物ネペンテス・グラシリスにおける新たな遺伝子進化を形作る。 (2023) 自然植物。 DOI: 10.1038/s41477-023-01562-2

+ 要約を展開


AJ エイルワード、S. ペトルス、A. マメルト、ノーザンテリトリー州ハートウィック、 マイケル、TP PanKmer: k-mer ベースのリファレンスフリーのパンゲノム解析。 (2023) バイオインフォマティクス。 DOI: 10.1093/バイオインフォマティクス/btad621

+ 要約を展開


スタック、GM、カラ、AR、クエイド、マサチューセッツ州、トス、JA、モンセラーテ、LA、ウィルカーソン、DG、カールソン、CH、マメルト、A.、 マイケル、TP、クロフォード、S.、スマート、C.、スマート、LB L.のうどんこ病に対する候補感受性遺伝子の遺伝子マッピング、同定、および特性評価。 (2023) 植物と微生物の分子相互作用。 DOI: 10.1094/MPMI-04-23-0043-R

+ 要約を展開


パサリブ、B.、アコスタ、K.、エイルワード、A.、リャン、Y.、アブラムソン、BW、コルト、K.、ハートウィック、ノーザンテリトリー、シャンクリン、J.、 マイケル、TP、ラム、E. オオウキクサのトゥリオンのゲノム解析により、ウキクサの休眠と再出現戦略の経路が明らかになりました。 (2023) 新しい植物学者。 DOI: 10.1111/nph.18941

+ 要約を展開


アコスタ、K.、ソレルス、S.、クリスラー、W.、ファン、W.、ギルバート、S.、ブリンクマン、T.、 マイケル、TP、Lebeis、SL、Lam、E. ウキクサ関連細菌を検出するための分子法の最適化。 (2023) 植物 12(4). DOI: 10.3390/植物12040872

+ 要約を展開


シルバ、SR、FO ミランダ、V.、 マイケル、TP、プワフノ、BJ、マトス、RG、アダメック、L.、LK ポンド、S.、ルチャチ、AG、ピニェイロ、DG、ヴァラーニ、AM 肉食のウトリクラリア種とゲンリセア種(レンズ豆科)における細胞小器官ゲノムの系統ゲノミクスと進化の動態。 (2023) モル系統進化論。:107711 DOI: 10.1016/j.ympev.2023.107711

+ 要約を展開


マイケル、TP 圃場で栽培されたイネの発育時間経過にわたる時刻分析。 (2022) 植物 (バーゼル)。 12(1). DOI: 10.3390/植物12010166

+ 要約を展開


スノック、S.、アブラムソン、BW、ガルシア、AGK、イーガン、AN、 マイケル、TP、スタインブレナー、A. HAMP 認識のための植物パターン認識受容体の進化的獲得と喪失。 (2022) イーライフ。 11. DOI: 10.7554/eLife.81050

+ 要約を展開


ミニッチ、JJ、ヘラー、A.、ベチンスキー、J.、フレブル、BW、スケルトン、ZR、クンセルマン、E.、シェーン、MA、ペリー、DS、ゴンザレス、A.、マクドナルド、D.、ナイト、R.、 マイケル、TP、アレン、EE 宿主の生物学、生態学、環境は、101 種の海産魚の微生物バイオマスと多様性に影響を与えます。 (2022) ネイチャーコミュニケーション 13(1):6978. DOI: 10.1038/s41467-022-34557-2

+ 要約を展開


バグス、EL、ティアースマ、MB、アブラムソン、BW、 マイケル、TP、クラシレバ、KV EDS1を欠くウキクサにおける細菌性病原体に対する防御反応の特徴付け。 (2022) 新しいフィトール。 DOI: 10.1111/nph.18453

+ 要約を展開


ロウ、YW、ラジャラマン、S.、トムリン、CM、アーマド、JA、アルディ、WH、アームストロング、K.、アセン、P.、バーハマン、A.、ボーン、RE、チーク、M.、チョー、NRW、チュー、LM、カウィー、ID、クレイン、D.、フレック、SJ、フォード、AJ、フォースター、PI、ギルマンシャー、D.、ゴイダー、DJ、グレイ、B.、ヒートゥブン、CD、イブラヒム、A.、イブラヒム、B .、ジャヤシンゲ、HD、カラット、MA、カトリアラッチ、HS、キンタマーニ、E.、コー、SL、ライ、JTK、リー、SML、リオン、PKF、リム、WH、ラム、SKY、マヒョニ、R.、マクドナルド、 WJF、メタリ、F.、ムスタキム、WA、ナイキ、A.、ンゴ、KM、ニーサロ、M.、ラナシンゲ、S.、レーピン、R.、ルスティアミ、H.、シンビアク、VI、シュクリ、RS、スナルティ、 S.、トレソワン、LA、トリアス ブラシ、A.、バスコンセロス、TNC、ワンマ、JF、ウィドド、P.、ウィジェスンダラ、DSA、ワーボーイズ、S.、ヤップ、JW、ヨン、KT、キュー、GSW、サロヤルヴィ、 J.、 マイケル、TP、ミドルトン、DJ、バースレム、DFRP、リンドクヴィスト、C.、ルーカス、EJ、アルバート、バージニア 世界最大の樹木属 Syzygium 内の急速な種分化に関するゲノム的洞察。 (2022) ネイチャーコミュニケーション 13(1):5031. DOI: 10.1038/s41467-022-32637-x

+ 要約を展開


マイケル、TP 中心となる概日時計遺伝子と光シグナル伝達遺伝子は、緑色系統全体にわたって遺伝的連鎖をもたらした。 (2022) 植物生理学。 DOI: 10.1093/plphys/kiac276

+ 要約を展開


チャン、T.、マジェット、M.、ランバブ、R.、アブラムソン、B.、ダイ、X.、 マイケル、TP、趙、Y. 撤回注: シロイヌナズナにおける有性生殖 F1 子孫の一方の親のみからの標的遺伝子の選択的遺伝。 (2022) ネイチャーコミュニケーション 13(1):3270. DOI: 10.1038/s41467-022-31001-3


ゲデス・マトス、R.、ロドリゲス・ダ・シルバ、S.、ヤン・プワフノ、B.、アダメック、L.、 マイケル、TP、デメロ・ヴァラーニ、A.、ミランダ、VFO 肉食動物 Genlisea tuberosa (レンティブラリア科) の完全なミトコンドリア ゲノム: 構造と進化の側面。 (2022) 遺伝子。:146391 DOI: 10.1016/j.gene.2022.146391

+ 要約を展開


サットン、G.、フォーゲル、GB、アブラムソン、B.、ブリンカック、L.、 マイケル、T.、リュー、ES、トーマス、S. における壁テイコ酸遺伝子カセットの水平移動と進化。 (2022) F1000Res。 10:354。 DOI: 10.12688/f1000research.51874.1

+ 要約を展開


カワシュ、J.、コルト、K.、ハートウィック、ノーザンテリトリー、アブラムソン、BW、ヴォルサ、N.、ポラショック、JJ、 マイケル、TP 参照クランベリーゲノムを作物の野生近縁種と比較することで、適応、家畜化、繁殖についての洞察が得られます。 (2022) PLOS One。 17(3):e0264966。 DOI: 10.1371/journal.pone.0264966

+ 要約を展開


アブラムソン、BW、ノボトニー、M.、ハートウィック、ノーザンテリトリー、コルト、K.、アエヴァーマン、BD、シャイアーマン、RH、 マイケル、TP Lemna minuta のゲノムと予備的な単核トランスクリプトームにより、侵入のメカニズムが明らかになりました。 (2021) 植物生理学。 DOI: 10.1093/plphys/kiab564

+ 要約を展開


ラム、E.、 マイケル、TP 最小限の植物と合成生物学のシャーシであるウォルフィア。 (2021) 植物科学の動向。 DOI: 10.1016/j.tplants.2021.11.014

+ 要約を展開


Wickell, D.、Kuo, LY、Yang, HP、Dhabalia Ashok, A.、Irisarri, I.、Dadras, A.、de Vries, S.、de Vries, J.、Huang, YM、Li, Z.、ミシシッピ州バーカー、ノーザンテリトリー州ハートウィック、 マイケル、TP李、FW イソエテスのゲノムから解明された水中CAM光合成。 (2021) ネイチャーコミュニケーション 12(1):6348. DOI: 10.1038/s41467-021-26644-7

+ 要約を展開


Naish、M.、Alonge、M.、Wlodzimierz、P.、Tock、AJ、アブラムソン、BW、シュマッカー、A.、マンダコバ、T.、ジャムゲ、B.、ランビング、C.、クオ、P.、イェリナ、 N.、ハートウィック、N.、コルト、K.、スミス、LM、トン、J.、カクタニ、T.、マルティエンセン、RA、シュネーバーガー、K.、ライザック、MA、バーガー、F.、ブシオス、A.、 マイケル、TP、シャッツ、MC、ヘンダーソン、IR セントロメアの遺伝的およびエピジェネティックな状況。 (2021) 科学。 374(6569):eabi7489。 DOI: 10.1126/science.abi7489


マンスフェルド、BN、ボイハー、A.、ベリー、JC、ウィルソン、M.、Ou、S.、ポリドール、S.、 マイケル、TP、ファーグレン、N.、バート、RS ハプロタイプが解決されたアフリカのキャッサバゲノムにおける大きな構造的変異。 (2021) 植物ジャーナル。 DOI: 10.1111/tpj.15543

+ 要約を展開


アコスタ、K.、アッペンロート、KJ、ボリスジュク、L.、エデルマン、M.、ハイニヒ、U.、ヤンセン、MAK、大山、T.、パサリブ、B.、シューベルト、I.、スイバ、S.、スリー、 KS、徐、S.、 マイケル、TP、ラム、E. ウキクサ科の復活: ゲノミクスおよびポストゲノミクス時代のモデル植物システムとしてのウキクサ。 (2021) 植物細胞。 DOI: 10.1093/plcell/koab189

+ 要約を展開


チャン、T.、マジェット、M.、ランバブ、R.、アブラムソン、B.、ダイ、X.、 マイケル、TP、趙、Y. シロイヌナズナにおける有性生殖 F1 子孫の片方の親のみからの標的遺伝子の選択的遺伝。 (2021) ネイチャーコミュニケーション 12(1):3854. DOI: 10.1038/s41467-021-24195-5

+ 要約を展開


Harkess, A.、McLoughlin, F.、Bilkey, N.、Elliott, K.、Emenecker, R.、Mattoon, E.、Miller, K.、Czymmek, K.、Vierstra, RD、Meyers, BC、 マイケル、TP 改良されたウキクサのゲノムおよびプロテオーム解析により、エネルギー生産に有利な葉緑体タンパク質が豊富に含まれる、保存された染色体構造が明らかになりました。 (2021) JExpボット。 72(7):2491-2500。 DOI: 10.1093/jxb/erab006

+ 要約を展開


マイケル、TP、Ernst、E.、Hartwick、N.、Chu、P.、Bryant、D.、Gilbert、S.、Ortleb、S.、Baggs、EL、Sree、KS、Appenroth、KJ、Fuchs、J.、Jupe、 F.、Sandoval、JP、Krasileva、KV、Borisjuk、L.、Mockler、TC、Ecker、J.、Martienssen、RA、Lam、E. 遺伝子の損失と成長制御の減少によるリンクの形態学的最小化のゲノムと時刻トランスクリプトーム。 (2020) ゲノム研究。 DOI: 10.1101/gr.266429.120

+ 要約を展開


ミニッチ、JJ、ペトルス、S.、マイケル、JD、 マイケル、TP、ナイト、R.、アレン、EE 野生の海産魚、Scomber japonicus の粘膜マイクロバイオームの時間的、環境的、生物学的ドライバー。 (2020) mSphere。 5(3)。 DOI: 10.1128/mSphere.00401-20

+ 要約を展開


リュー、J.、シーサラム、AS、チョーグル、K.、オウ、S.、スウェントウスキー、KW、ゲント、JI、ラカ、V.、ウッドハウス、MR、マンチャンダ、N.、プレスティング、GG、クドルナ、DA、アラバディ、M.、ハーシュ、CN、フェングラー、KA、ウェア、D.、 マイケル、TP、MB、ハフォード、RK、ドー ロングリード技術を使用したトウモロコシ染色体のギャップレスアセンブリ。 (2020) ゲノム生物学。 21(1):121. DOI: 10.1186/s13059-020-02029-9

+ 要約を展開


マイケル、TP、ヴァンビューレン、R. ほぼ完全な植物ゲノムの構築。 (2020) 植物生物学における現在の見解。 54:26-33。 DOI: 10.1016/j.pbi.2019.12.009

+ 要約を展開


ポプラウスキー、SG、ガーベット、KA、マクマハン、RL、コルダシェヴィッツ、HB、チャオ、H.、ケネディ、AJ、ゴレバ、SB、サンダース、TH、モトリー、ST、スウェイジ、EE、エッカー、DJ、スウェット、JD、 マイケル、TP、グリア、CB アンチセンス オリゴヌクレオチドは、Hdac2 の転写の抑制と長期記憶の強化につながります。 (2020) モルサー核酸。 19:1399-1412。 DOI: 10.1016/j.omtn.2020.01.027

+ 要約を展開


マッキノン、KJ、コール、BJ、ユウ、C.、クーミー、JH、ハートウィック、ノーザンテリトリー、レミジュロー、MS、ダフィー、T.、 マイケル、TP、ケイ、SA、ヘイゼン、SP 周囲温度の変化は、Brachypodium distachyon の日内遺伝子制御を決定するための一般的な手がかりです。 (2020) 新しいフィトール。 DOI: 10.1111/nph.16507

+ 要約を展開


VanBuren、R.、Man Wai、C.、Wang、X.、Pardo、J.、Yocca、AE、Wang、H.、Chaluvadi、SR、Han、G.、ブライアント、D.、Edger、PP、Messing、 J.、ソレルス、ME、モクラー、TC、ベネツェン、JL、 マイケル、TP 異質四倍体のエチオピア穀物テフにおける例外的なサブゲノム安定性と機能的多様性。 (2020) ネイチャーコミュニケーション 11(1):884. DOI: 10.1038/s41467-020-14724-z

+ 要約を展開


シルバ、SR、モラエス、AP、ペンハ、HA、フリアン、MHM、ドミンゲス、DS、 マイケル、TP、ミランダ、VFO、ヴァラーニ、AM 陸生食虫植物は環境と生命体のゲノム可塑性を解明します。 (2019) 分子科学の国際ジャーナル。 21(1). DOI: 10.3390/ijms21010003

+ 要約を展開


シルバ、SR、ピニェイロ、DG、ペンハ、HA、プワフノ、BJ、 マイケル、TP、ミーア、EJ、ミランダ、VFO、ヴァラーニ、AM 葉緑体ゲノムに基づく種の形態型内の種内変異。 (2019) 分子科学の国際ジャーナル。 20(24). DOI: 10.3390/ijms20246130

+ 要約を展開


チェカン、JR、マッキニー、SMK、ムーア、ML、ポプラウスキー、SG、 マイケル、TP、ムーア、BS 海藻の神経化学物質であるカイニン酸のスケーラブルな生合成。 (2019) Angewandte Chemie。 58(25):8454-8457。 DOI: 10.1002/anie.201902910

+ 要約を展開


ワイ、CM、ヴァイゼ、SE、オゼルスキー、P.、モックラー、TC、 マイケル、TP、ヴァンビューレン、R. セダムアルバムにおける干ばつ誘発性のCAM光合成中の時刻とネットワークの再プログラミング。 (2019) PLOSジェネティクス。 15(6):e1008209。 DOI: 10.1371/journal.pgen.1008209

+ 要約を展開


モア、JP、Ma、PF、Grewe、F.、Taylor、A.、 マイケル、TP、ヴァンビューレン、R.、Qiu、YL lycophyte 色素体のゲノミクス: GC、遺伝子およびイントロンの含有量の極端な変動、および rRNA リピートの直接方向と逆方向の間の複数の反転。 (2019) 新しいフィトール。 222(2):1061-1075。 DOI: 10.1111/nph.15650

+ 要約を展開


ジュープ、F.、リブキン、AC、 マイケル、TP、ザンダー、M.、モトリー、ST、サンドヴァル、JP、スロットキン、RK、チェン、H.、カスタノン、R.、ネリー、JR、エッカー、JR 植物の T-DNA 挿入の複雑な構造とエピゲノムへの影響。 (2019) PLOSジェネティクス。 15(1):e1007819。 DOI: 10.1371/journal.pgen.1007819

+ 要約を展開


ホアン、PNT、 マイケル、TP、ギルバート、S.、チュー、P.、モトリー、ST、アッペンロート、KJ、シューベルト、I.、ラム、E. 細胞ゲノム技術、光学マッピング技術、およびオックスフォード ナノポア技術の統合により、ウキクサの信頼性の高い参照ゲノム マップを生成します。 (2018) 植物ジャーナル。 96(3):670-684。 DOI: 10.1111/tpj.14049

+ 要約を展開


チュー、P、ウィルソン、GM、 マイケル、TP、Vaiciunas、J.、Honig、J.、Lam、E. 多型 NB-ARC 関連遺伝子を使用して植物クローンおよび植物種を遺伝子型決定するための配列に基づくアプローチ。 (2018) 植物分子生物学。 98(3):219-231. DOI: 10.1007/s11103-018-0774-1

+ 要約を展開


マイケル、TP、Jupe、F.、Bemm、F.、Motley、ST、Sandoval、JP、Lanz、C.、Loudet、O.、Weigel、D.、Ecker、JR 単一のナノポア フローセルを使用した、連続性の高いシロイヌナズナ ゲノム アセンブリ。 (2018) ネイチャーコミュニケーション 9(1):541. DOI: 10.1038/s41467-018-03016-2

+ 要約を展開


ミニッチ、JJ、モリス、MM、ブラウン、M.、ドアン、M.、エドワーズ、MS、 マイケル、TP、ディンズデール、EA 温度の上昇は昆布の微生物叢の異常を引き起こし、二酸化炭素の上昇は水の微生物叢の破壊を引き起こします。 (2018) PLOS One。 13(2):e0192772。 DOI: 10.1371/journal.pone.0192772

+ 要約を展開


アラングレン・ディアス、YC、バラニ、AM、 マイケル、TP、ミランダ、VFO NGSのゲノミクスデータを用いた食虫植物Genlisea aurea(レンティブラリア科)のマイクロサテライトマーカーの開発。 (2018) モル。 生物。 担当者 45(1):57-61. DOI: 10.1007/s11033-017-4140-1

+ 要約を展開


シルバ、SR、 マイケル、TP、ミーア、EJ、ピニェイロ、DG、ヴァラーニ、AM、ミランダ、VFO Genlisea (コークスクリュー植物 - レンズ豆科) の葉緑体ゲノムの比較ゲノム分析により、ndh 遺伝子の損失が増加していることが明らかになりました。 (2018) PLOS One。 13(1):e0190321。 DOI: 10.1371/journal.pone.0190321

+ 要約を展開


VanBuren、R.、Wai、CM、Ou、S.、Pardo、J.、Bryant、D.、Jiang、N.、Mockler、TC、Edger、P.、 マイケル、TP 乾燥耐性クラブモス Selaginella lepidophylla の極端なハプロタイプ変異。 (2018) ネイチャーコミュニケーション 9(1):13. DOI: 10.1038/s41467-017-02546-5

+ 要約を展開


ヴァンビューレン、R.、ワイ、CM、チャン、Q.、ソング、X.、エッジャー、PP、ブライアント、D.、 マイケル、TP、モックラー、TC、バーテルズ、D. 復活草 Oropetium thomaeum の栄養乾燥には種子の乾燥メカニズムが採用されています。 (2017) 植物、細胞、環境。 40(10):2292-2306。 DOI: 10.1111/pce.13027

+ 要約を展開


シルバ、SR、アルバレンガ、DO、アラングレン、Y.、ペンハ、HA、フェルナンデス、CC、ピニェイロ、DG、オリベイラ、MT、 マイケル、TP、ミランダ、VFO、ヴァラーニ、AM 陸生食虫植物 Utricularia reniformis (レンズ豆科) のミトコンドリア ゲノム: 構造、比較分析、進化のランドマーク。 (2017) PLOS One。 12(7):e0180484。 DOI: 10.1371/journal.pone.0180484

+ 要約を展開


マイケル、TP、Bryant、D.、Gutierrez、R.、Borisjuk、N.、Chu、P.、Zhang、H.、Xia、J.、Zhou、J.、Peng、H.、El Baidouri、M.、Ten Hallers、 B.、ハスティ、AR、リャン、T.、アコスタ、K.、ギルバート、S.、マッケンティー、C.、ジャクソン、SA、モックラー、TC、チャン、W.、ラム、E. 高深度の物理マッピングとショートリード DNA シーケンシング戦略による、ウキクサのゲノム特徴の包括的な定義。 (2017) 植物ジャーナル。 89(3):617-635。 DOI: 10.1111/tpj.13400

+ 要約を展開


シルバ、SR、ディアス、YC、ペンハ、HA、ピニェイロ、DG、フェルナンデス、CC、ミランダ、VF、 マイケル、TP、バラニ、午前 ウトリクラリア・レニフォルミスの葉緑体ゲノムは、レンティブラリア科の陸生食虫植物のndh遺伝子複合体の進化に光を当てる。 (2016) PLOS One。 11(10):e0165176。 DOI: 10.1371/journal.pone.0165176

+ 要約を展開


ケネディ、AJ、ラーン、EJ、パウカイティス、BS、サベル、KE、コルダシェヴィッツ、HB、ワン、J.、ルイス、JW、ポージー、J.、ストレンジ、SK、グズマン・カールソン、MC、フィリップス、SE、デッカー、 K.、モトリー、ST、スウェイジ、EE、エッカー、DJ、 マイケル、TP、デイ、JJ、スウェット、JD Tcf4 はシナプス可塑性、DNA メチル化、および記憶機能を調節します。 (2016) セルレポート 16(10):2666-2685。 DOI: 10.1016/j.celrep.2016.08.004

+ 要約を展開


ヴァンビューレン、R.、ブライアント、D.、ブシャクラ、JM、バイニング、KJ、エッジャー、PP、ローリー、ER、プリースト、HD、 マイケル、TP、ライオンズ、E.、フィリチキン、SA、ドセット、M.、フィン、CE、バシル、ネバダ州、モックラー、TC ブラックラズベリー (Rubus occidentalis) のゲノム。 (2016) 植物ジャーナル。 87(6):535-47。 DOI: 10.1111/tpj.13215

+ 要約を展開


VanBuren, R.、Bryant, D.、Edger, PP、Tang, H.、Burgess, D.、Challabathula, D.、Spittle, K.、Hall, R.、Gu, J.、Lyons, E.、フリーリング、M.、バーテルズ、D.、テン・ハラーズ、B.、ハスティ、A.、 マイケル、TP、モックラー、TC 乾燥耐性のある草 Oropetium thomaeum の単一分子配列決定。 (2015) 自然。 527(7579):508-11。 DOI: 10.1038/nature15714

+ 要約を展開


マイケル、TP、ヴァンビューレン、R. 作物ゲノムの進歩、課題、そして将来。 (2015) 植物生物学における現在の見解。 24:71-81。 DOI: 10.1016/j.pbi.2015.02.002

+ 要約を展開


フライシュマン、A. マイケル、TP、Rivadavia、F.、Sousa、A.、Wang、W.、Temsch、EM、Greilhuber、J.、Müller、KF、Heubl、G. 被子植物の最小ゲノムサイズの新たな推定による、食虫植物属 Genlisea (レンティブラリア科) のゲノムサイズと染色体数の進化。 (2014) アン。 ボット。 114(8):1651-63。 DOI: 10.1093/aob/mcu189

+ 要約を展開


マイケル、TP 植物ゲノム サイズの変動: DNA の肥大化と除去。 (2014) 機能的ゲノミクスに関する説明会。 13(4):308-17。 DOI: 10.1093/bfgp/elu005

+ 要約を展開


プリースト、HD、フォックス、SE、ローリー、ER、マレー、JR、 マイケル、TP、モックラー、TC Brachypodium distachyon における全体的な遺伝子発現の解析により、非生物的ストレスに応答する広範なネットワーク可塑性が明らかになりました。 (2014) PLOS One。 9(1):e87499。 DOI: 10.1371/journal.pone.0087499

+ 要約を展開


イバラ=ラクレット、E.、ライオンズ、E.、エルナンデス=グスマン、G.、ペレス=トーレス、カリフォルニア、カレテロ=ポーレット、L.、チャン、TH、ラン、T.、ウェルチ、AJ、フアレス、MJ、シンプソン、J.、フェルナンデス=コルテス、A.、アルテアガ=バスケス、M.、ゴンゴラ=カスティージョ、E.、アセベド=エルナンデス、G.、シュスター、SC、ヒンメルバウアー、H.、ミノチェ、AE、徐、S.、リンチ M.、オロペザ アブルト A.、セルバンテス ペレス SA、デ ヘスス オルテガ エストラーダ M.、セルバンテス ルエバノ JI、 マイケル、TP、モックラー、T.、ブライアント、D.、ヘレーラ・エストレーラ、A.、アルバート、VA、ヘレーラ・エストレーラ、L. 微細な植物ゲノムの構築と進化。 (2013) 自然。 498(7452):94-8。 DOI: 10.1038/nature12132

+ 要約を展開


Ming, R.、VanBuren, R.、Liu, Y.、Yang, M.、Han, Y.、Li, LT、Zhang, Q.、Kim, MJ、Schatz, MC、Campbell, M.、Li, J .、Bowers、JE、Tang、H.、Lyons、E.、Ferguson、AA、Narzisi、G.、Nelson、DR、Blaby-Haas、CE、Gschwend、AR、Jiao、Y.、Der、JP、Zeng、 F.、Han、J.、Min、XJ、Hudson、KA、Singh、R.、Grennan、AK、Karpowicz、SJ、Watling、JR、Ito、K.、Robinson、SA、Hudson、ME、Yu、Q. 、モックラー、TC、キャロル、A.、鄭 Y.、サンカール、R.、ジア、R.、チェン、N.、アロ、J.、ワイ、CM、ワフラ、E.、スペンス、A.、ハン、Y.、Xu、L.、Zhang、J.、Peery、R.、Haus、MJ、Xiong、W.、Walsh、JA、Wu、J.、Wang、ML、Zhu、YJ、Paul、RE、Britt 、AB、デュ、C.、ダウニー、SR、シューラー、MA、 マイケル、TP、ロング、SP、オルト、DR、ショップ、JW、ギャング、DR、ジャン、N.、ヤンデル、M.、デパンフィリス、CW、マーチャント、SS、パターソン、AH、ブキャナン、BB、リー、S.、シェン-ミラー、J. 長命の神聖な蓮 (Nelumbo nucifera Gaertn.) のゲノム。 (2013) ゲノム生物学。 14(5):R41. DOI: 10.1186/gb-2013-14-5-r41

+ 要約を展開


Luo、C.、Sidote、DJ、Zhang、Y.、Kerstetter、RA、 マイケル、TP、ラム、E. シロイヌナズナのクロマチン状態の統合的解析により、天然のアンチセンス転写産物生成に対する潜在的な制御機構が同定された。 (2013) 植物ジャーナル。 73(1):77-90。 DOI: 10.1111/tpj.12017

+ 要約を展開


マイケル、TP、アルバ、R. トマトのゲノムが肉付けされました。 (2012) 自然バイオテクノロジー。 30(8):765-7。 DOI: 10.1038/nbt.2319


フィリチキン、SA、ブルトン語、G.、プリースト、HD、ダルマワルダナ、P.、ジャイシュワル、P.、フォックス、SE、 マイケル、TP、チョリー、J.、ケイ、SA、モックラー、TC イネとポプラのトランスクリプトームのグローバルプロファイリングにより、重要な保存された概日制御経路とシス制御モジュールが明らかになります。 (2011) PLOS One。 6(6):e16907。 DOI: 10.1371/journal.pone.0016907

+ 要約を展開


ルッツ、KA、ワン、W.、ズデプスキー、A.、 マイケル、TP 植物ゲノム配列決定および再配列決定のための、細胞小器官 DNA が減少した高品質の核 DNA の単離および分析。 (2011) BMC Biotechnol。 11:54. DOI: 10.1186/1472-6750-11-54

+ 要約を展開


バンクス、JA、西山、T.、長谷部、M.、ボウマン、JL、グリブスコフ、M.、デパンフィリス、C.、アルバート、VA、青野、N.、青山、T.、アンブローズ、BA、アシュトン、NW、アクセル、MJ、バーカー、E.、バーカー、MS、ベネツェン、JL、ボナウィッツ、ND、チャップル、C.、チェン、C.、コレア、LG、デイカー、M.、デバリー、J.、ドライヤー、I.、エリアス、M.、エングストロム、EM、エステル、M.、フェン、L.、フィネット、C.、フロイド、SK、フロマー、WB、藤田、T.、グラムゾウ、L.、グーテンゾーン、M.、ハーホルト、J .、服部正、ヘイル、A.、平井、T.、樋渡、Y.、石川、M.、岩田、M.、カロル、KG、Koehler、B.、Kolukisaoglu、U.、久保、M. 、倉田、T.、Lalonde、S.、Li、K.、Li、Y.、Litt、A.、Lyons、E.、Manning、G.、丸山、T.、 マイケル、TP、三上 和人、宮崎 敏、森永 哲、村田 哲、ミューラー・ローバー B.、ネルソン DR、小原 正、小栗 泰、オルムステッド、RG、小野寺 N. 、ピーターセン、BL、ピルス、B.、プリッゲ、M.、レンシング、SA、リアニョ・パション、DM、ロバーツ、AW、佐藤、Y.、シェラー、HV、シュルツ、B.、シュルツ、C.、シャキロフ、 EV、柴垣 N.、篠原 N.、シッペン DE、ソーレンセン I.、外岡 R.、杉本 N.、杉田 M.、澄川 N.、タヌルジッチ M.、タイセン G. 、ウルブスコフ、P.、若月、S.、ウェン、JK、ウィラッツ、WW、ウィップフ、D.、ウルフ、PG、ヤン、L.、ジマー、AD、朱、Q.、ミトロス、T.、ヘルステン、U .、ロケ、D.、オティラール、R.、サラモフ、A.、シュムッツ、J.、シャピロ、H.、リンドクイスト、E.、ルーカス、S.、ロクサール、D.、グリゴリエフ、IV セラギネラのゲノムは、維管束植物の進化に関連する遺伝的変化を特定します。 (2011) 科学。 332(6032):960-3。 DOI: 10.1126/science.1203810

+ 要約を展開


シュラエフ、V.、サージェント、DJ、クロウハースト、RN、モックラー、TC、フォルカーツ、O.、デルチャー、AL、ジャイシュワル、P.、モカイティス、K.、リストン、A.、マネ、SP、バーンズ、P.、 Davis, TM、Slovin, JP、Bassil, N.、Hellens, RP、Evans, C.、Harkins, T.、Kodira, C.、Desany, B.、Crasta, OR、Jensen, RV、Allan, AC、 マイケル、TP、セトゥーバル、JC、セルトン、JM、リース、DJ、ウィリアムズ、KP、ホルト、SH、ルイス・ロハス、JJ、チャタジー、M.、リュー、B.、シルバ、H.、マイゼル、L.、アダート、A. 、フィリチキン、SA、トロッジョ、M.、ヴィオラ、R.、アッシュマン、TL、ワン、H.、ダルマワルダナ、P.、エルサー、J.、ラジャ、R.、プリースト、HD、ブライアント、DW、フォックス、SE 、ジバン、SA、ヴィルヘルム、LJ、ナイターニ、S.、クリストッフェルス、A.、サラマ、DY、カーター、J.、ロペス・ジローナ、E.、ズデプスキー、A.、ワン、W.、カーステッター、RA、シュワブ、 W.、コルバン、SS、デイヴィック、J.、モンフォール、A.、デノイエス・ローサン、B.、アルス、P.、ミトラー、R.、フリン、B.、アハロニ、A.、ベネツェン、JL、ザルツベルク、 SL、ディッカーマン、AW、ベラスコ、R.、ボロドフスキー、M.、ヴェイルー、RE、フォルタ、KM 森林イチゴ (Fragaria vesca) のゲノム。 (2011) 自然遺伝学。 43(2):109-16。 DOI: 10.1038/ng.740

+ 要約を展開


ホン、S.、ソング、HR、ルッツ、K.、ケルステッター、RA、 マイケル、TP、マクルング、CR II 型タンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ 5 (PRMT5) は、シロイヌナズナの概日周期の決定に必要です。 (2010) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 107(49):21211-6。 DOI: 10.1073/pnas.1011987107

+ 要約を展開


Atwell、S.、Huang、YS、Vilhjálmsson、BJ、Willems、G.、Horton、M.、Li、Y.、Meng、D.、Platt、A.、Tarone、AM、Hu、TT、Jiang、R. 、ムリヤティ、NW、チャン、X.、アメール、MA、バクスター、I.、ブラキ、B.、チョリー、J.、ディーン、C.、デビュー、M.、ドモー、J.、エッカー、JR、フォーレ、N.、クニスカーン、JM、ジョーンズ、JD、 マイケル、T.、Nemri、A.、Roux、F.、Salt、DE、Tang、C.、Todesco、M.、Traw、MB、Weigel、D.、Marjoram、P.、Borevitz、JO、Bergelson、J.、Nordborg、 M. シロイヌナズナ近交系における 107 の表現型のゲノムワイド関連研究。 (2010) 自然。 465(7298):627-31。 DOI: 10.1038/nature08800

+ 要約を展開


バージニア州アルバート、共和党ジョブソン、 マイケル、TP、テイラー、DJ 肉食性の膀胱虫(ウトリクラリア、レンズ豆科):システムが膨張します。 (2010) J.Exp. ボット。 61(1):5-9。 DOI: 10.1093/jxb/erp349

+ 要約を展開


ダリアン、A. マイケル、TP、セングプタ、午前 SOPRA: 統計的最適化によるペアリードの足場アルゴリズム。 (2010) BMCバイオインフォマティクス。 11:345. DOI: 10.1186/1471-2105-11-345

+ 要約を展開


サッソン、A. マイケル、TP SOLiD 出力からのフィルタリング エラー。 (2010) バイオインフォマティクス。 26(6):849-50。 DOI: 10.1093/バイオインフォマティクス/btq045

+ 要約を展開


ガービン、DF、マッケンジー、N.、フォーゲル、JP、モックラー、TC、ブランケンハイム、ZJ、ライト、J.、チーマ、JJ、ディックス、J.、フオ、N.、ヘイデン、DM、グ、Y.、トビアス、C.、チャン、JH、チュー、A.、トリック、M.、 マイケル、TP、ビーヴァン、MW、スネイプ、JW モデル草 Brachypodium distachyon の SSR ベースの遺伝連鎖地図。 (2010) ゲノム。 53(1):1-13. DOI: 10.1139/g09-079

+ 要約を展開


シュワルツ、C.、バラスブラマニアン、S.、ワースマン、N.、 マイケル、TP、Lempe、J.、Sureshkumar、S.、小林Y.、Maloof、JN、Borevitz、JO、Chory、J.、Weigel、D. FLOWERING LOCUS T におけるシス制御の変化は、シロイヌナズナの開花反応の自然な変動を媒介します。 (2009) 遺伝学。 183(2):723-32、1SI-7SI。 DOI: 10.1534/genetics.109.104984

+ 要約を展開


パン、Y.、 マイケル、TP、メイン州ハドソン、SA州ケイ、J.チョリー、マサチューセッツ州シューラー 概日調節経路のレポーターとしてのチトクロム P450 モノオキシゲナーゼ。 (2009) 植物生理学。 150(2):858-78。 DOI: 10.1104/pp.108.130757

+ 要約を展開


ズデプスキー、A.、ワン、W.、プリースト、HD、アリ、F.、アラム、M.、モックラー、TC、 マイケル、TP カリカパパイヤの保存された毎日の転写プログラム。 (2008) 熱帯植物の生物学。 1(3-4):236-245. DOI: 10.1007/s12042-008-9020-3

+ 要約を展開


ラウデット、O. マイケル、TP、Burger、BT、Le Mette、C.、Mockler、TC、Weigel、D.、Chory、J. シロイヌナズナの朝特異的な成長を負に制御するジンクナックルタンパク質。 (2008) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 105(44):17193-8。 DOI: 10.1073/pnas.0807264105

+ 要約を展開


マイケル、TP、ブレトン、G.、ヘイゼン、SP、プリースト、H.、モックラー、TC、ケイ、SA、チョリー、J. リズミカルな植物の成長を支える朝特異的な植物ホルモン遺伝子発現プログラム。 (2008) PLOS 生物学。 6(9):e225。 DOI: 10.1371/journal.pbio.0060225

+ 要約を展開


Ming、R.、Hou、S.、Feng、Y.、Yu、Q.、Dionne-Laporte、A.、Saw、JH、Senin、P.、Wang、W.、Ly、BV、Lewis、KL、ザルツベルク、SL、フェン、L.、ジョーンズ、MR、スケルトン、RL、マレー、JE、チェン、C.、銭、W.、シェン、J.、デュ、P.、ユースティス、M.、トン、E.、タン、H.、ライオンズ、E.、ポール、RE、 マイケル、TP、ウォール、K.、ライス、DW、アルバート、H.、ワン、ML、ジュー、YJ、シャッツ、M.、ナガラジャン、N.、アコブ、RA、グアン、P.、ブラス、A.、ワイ、CM 、アッカーマン、CM、レン、Y.、リュー、C.、ワン、J.、ワン、J.、ナ、JK、シャキロフ、EV、ハース、B.、ティンマプラム、J.、ネルソン、D.、ワン、 X.、Bowers、JE、Gschwend、AR、Delcher、AL、Singh、R.、スズキ、JY、Tripathi、S.、Neupane、K.、Wei、H.、入倉、B.、Paidi、M.、Jiang 、N.、チャン、W.、プレスティング、G.、ウィンザー、A.、ナバハス・ペレス、R.、トーレス、MJ、フェルタス、FA、ポーター、B.、リー、Y.、バローズ、AM、ルオ、 MC、リュー、L.、クリストファー、DA、マウント、SM、ムーア、PH、スギムラ、T.、ジャン、J.、シューラー、MA、フリードマン、V.、ミッチェルオールズ、T.、シッペン、DE、デパンフィリス、CW、パーマー、JD、フリーリング、M.、パターソン、AH、ゴンザルベス、D.、ワン、L.、アラム、M. トランスジェニック熱帯果樹パパイヤ (Carica papaya Linnaeus) のドラフトゲノム。 (2008) 自然。 452(7190):991-6。 DOI: 10.1038/nature06856

+ 要約を展開


マイケル、TP、モックラー、TC、ブレトン、G.、マッケンティー、C.、バイヤー、A.、トラウト、JD、ヘイゼン、SP、シェン、R.、プリースト、HD、サリバン、CM、ジバン、SA、ヤノフスキー、M.、ホン、F.、ケイ、SA、チョリー、J. ネットワーク検出パイプラインは、保存された時間帯固有のシス制御モジュールを解明します。 (2008) PLOSジェネティクス。 4(2):e14。 DOI: 10.1371/journal.pgen.0040014

+ 要約を展開


マイケル、TP、パーク、S.、キム、TS、ブース、J.、バイヤー、A.、サン、Q.、チョリー、J.、リー、K. 単純な配列の繰り返しは、アカパンカビの概日時計における表現型の変動の基質を提供します。 (2007) PLOS One。 2(8):e795。 DOI: 10.1371/journal.pone.0000795

+ 要約を展開


ボレヴィッツ、JO、ヘイゼン、SP、 マイケル、TP、モリス、GP、バクスター、IR、胡、TT、チェン、H.、ヴェルナー、JD、ノードボーグ、M.、ソルト、DE、ケイ、SA、チョリー、J.、ヴァイゲル、D.、ジョーンズ、JD、エッカー、JR シロイヌナズナにおける単一特徴多型のゲノム規模のパターン。 (2007) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 104(29):12057-62。 DOI: 10.1073/pnas.0705323104

+ 要約を展開


モクラー、TC、 マイケル、TP、プリースト、HD、シェン、R.、サリバン、CM、ギバン、SA、マッケンティー、C.、ケイ、SA、チョリー、J. DIURNAL プロジェクト: DIURNAL および概日発現プロファイリング、モデルベースのパターン マッチング、およびプロモーター分析。 (2007) 定量生物学に関するコールドスプリングハーバーシンポジウム。 72:353-63。 DOI: 10.1101/sqb.2007.72.006

+ 要約を展開


Balasubramanian、S.、Sureshkumar、S.、Agrawal、M.、 マイケル、TP、ウェッシンガー、C.、マルーフ、JN、クラーク、R.、ワースマン、N.、チョリー、J.、ワイゲル、D. フィトクローム C 光受容体遺伝子は、シロイヌナズナの開花および成長反応の自然な変動を媒介します。 (2006) 自然遺伝学。 38(6):711-5。 DOI: 10.1038/ng1818

+ 要約を展開


モックラー、TC、ユウ、X.、シャリティン、D.、パリク、D.、 マイケル、TP、Liou、J.、Huang、J.、Smith、Z.、Alonso、JM、Ecker、JR、Chory、J.、Lin、C. Kホモロジードメインタンパク質によるシロイヌナズナの開花時期の制御。 (2004) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 101(34):12759-64。 DOI: 10.1073/pnas.0404552101

+ 要約を展開


マイケル、TP、サロメ、PA、ユウ、HJ、スペンサー、TR、シャープ、EL、マックピーク、MA、アロンソ、JM、エッカー、JR、マックラング、CR 概日時計の自然発生的な変動によってもたらされるフィットネスの強化。 (2003) 科学。 302(5647):1049-53。 DOI: 10.1126/science.1082971

+ 要約を展開


マイケル、TP、マクルング、CR エンハンサートラッピングは、シロイヌナズナにおける広範な概日時計の転写制御を明らかにする。 (2003) 植物生理学。 132(2):629-39。 DOI: 10.1104/pp.021006

+ 要約を展開


マイケル、TP、ペンシルベニア州サロメ、CR 州マックラング シロイヌナズナの XNUMX つの概日振動子は、温度感度の違いによって区別できます。 (2003) アメリカ合衆国国立科学アカデミーの議事録。 100(11):6878-83。 DOI: 10.1073/pnas.1131995100

+ 要約を展開


マイケル、TP、マクルング、CR シロイヌナズナにおける位相特異的な概日時計調節要素。 (2002) 植物生理学。 130(2):627-38。 DOI: 10.1104/pp.004929

+ 要約を展開


ペンシルベニア州サロメ、 マイケル、TP、カーンズ、EV、フェット・ネト、AG、シャーロック、RA、マックラング、CR フェーズ 1 以外の変異体は、シロイヌナズナの概日位相制御における PHYB の役割を定義します。 (2002) 植物生理学。 129(4):1674-85。 DOI: 10.1104/pp.003418

+ 要約を展開


マクルング、CR、サロメ、ペンシルバニア州、 マイケル、TP シロイヌナズナの概日システム。 (2002) シロイヌナズナの本。 1:e0044。 DOI: 10.1199/tab.0044

+ 要約を展開


教育

バージニア大学学士号
ダートマス大学博士号
博士研究員研修: ソーク生物学研究所


賞と優等生

  • 2016 - アボット ラボラトリーズ Volwiler Society 研究員
  • 2011 - モンサント サイエンス フェローズ協会アソシエイト フェロー
  • の一つとして名づけられた ゲノムテクノロジーの 2008年「明日のPI」
  • 2003 - 優秀な卒業研究に対してハンナ・クロスデール賞を受賞

プロフィール

ウェブサイト

https://michael.salk.edu

お問い合わせ

tmichael@salk.edu