植物のイニシアチブを活用する

概要

ソーク生物学研究所 - 植物利用イニシアチブ - 概要

植物のイニシアチブを活用する


左から:トッド・マイケル研究教授、レナ・ミュラー助教授、ジョセフ・エッカー教授、ジョセフ・ノエル教授、ジョアン・チョーリー教授、ヴォルフガング・ブッシュ教授、ジュリー・ロー准教授

左から:トッド・マイケル研究教授、レナ・ミュラー助教授、ジョセフ・エッカー教授、ジョセフ・ノエル教授、ジョアン・チョーリー教授、ヴォルフガング・ブッシュ教授、ジュリー・ロー准教授。

「炭素を捕捉して貯蔵する植物の自然な能力を最適化できれば、大気中の二酸化炭素を削減する可能性があるだけでなく、土壌を豊かにして作物の収量を増やすこともできる植物を開発することができます。」
ジョアン・チョリー
ソーク教授、植物利用イニシアチブ創設ディレクター

気候変動への取り組み – 植物とともに

地球規模の気候変動は、植物、動物、人間にとって存続の脅威です。 大気中の炭素が多すぎると、世界中で気温が上昇し、致命的な嵐、壊滅的な洪水、そして長引く干ばつが発生しています。 これは将来の世代が解決できる問題ではありません。 今すぐ対処しなければなりません。

ソーク研究所の Harnessing Plants Initiative (HPI) は、迅速に実装できる大胆でスケーラブルなソリューションを提供します。 植物はCOを除去する元のカーボンスクラバーです2 大気中から採取し、バイオマスとして貯蔵します。 残念ながら、この炭素貯蔵は多くの場合一時的なものです。 作物や他の植物が枯れて腐敗すると、その炭素の多くは大気中に戻ります。

HPI は、地球の既存の炭素貯蔵メカニズムに依存して気候変動の解決を支援する革新的なアプローチです。 より多くの炭素を地面に保持し、長持ちする根に蓄えるために、ソークの科学者たちは新世代の作物および湿地植物を開発しています。

HPI は XNUMX つのプログラムで構成されています。 CRoPS (CO)2 惑星規模での除去)は、より多くの炭素を長期間にわたって地中に貯蔵できるソーク・アイデアル・プランツ®と呼ばれる作物の開発を目的としています。 CPR (Coastal Plant Restoration) は、重要な炭素吸収源として機能する世界の湿地の遺伝情報に基づいた修復と保全に取り組んでいます。

HPI 科学研究プロジェクト

CO2 惑星規模での除去

CO2 惑星規模での除去(CRoPS)プロジェクトは、二酸化炭素を排出するソーク理想植物を開発中です2 地面に埋めてそこに保管します。 鍵となるのは、炭素を好む植物組織であり、すでに根に含まれているスベリンです。 ソークの研究者らは、根の質量、深さ、スベリン含有量を増やすことで、小麦、米、トウモロコシ、その他の作物を炭素貯蔵装置に変えるだろう。 さらに、地上炭素の増加は、農家が土壌の健康状態の改善から恩恵を受けることを意味します。

ウルフギャングブッシュ
HPI事務局長

ジョアン・チョリー
HPI 創設ディレクター

海岸植物の修復

湿地には乾燥地に比べ、100エーカーあたりXNUMX倍もの炭素が蓄えられていますが、急速に消滅しつつあります。 湿地が侵食されると炭素が放出され、気候の状況はさらに複雑になります。 ソークの沿岸植物修復 (CPR) プロジェクトは、炭素を保持し、水を浄化し、土地を保護し、世界中の困難な環境でも成長できる湿地植物の開発を行っています。

ジョセフ・ノエル
主任研究員

植物を利用して気候変動に取り組むソークの計画について詳しく知るには、この短いビデオをご覧ください。

リンク集